Japanese

Endocytoscopy in the Colorectum Shin-ei Kudo 1 , Nobunao Ikehara 1 , Kunihiko Wakamura 1 , Hideyuki Miyachi 1 , Takaki Kudo 1 , Makoto Kutsukawa 1 , Yuichi Mori 1 , Yoshiki Wada 1 , Kazuo Ohtsuka 1 , Hiroshi Kashida 1 , Shigeharu Hamatani 2 1Digestive Disease Center, Showa University Northern Yokohama Hospital, Yokohama, Japan 2Department of Pathology, Showa University Northern Yokohama Hospital, Yokohama, Japan Keyword: endocytoscopy , pit pattern診断 , 早期大腸癌 , 大腸EC分類 , 病理組織診断 pp.860-867
Published Date 2010/4/30
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403101942
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference
  • Cited by

 We have reported endocytoscopy(EC), an ultra-high magnification system, which enables us to observe not only the structural atypia but also the cellular atypia in colorectal lesions. In this study, we used the integrated type EC(XCF-260EC1, Olympus, Tokyo, Japan). We classified the EC findings into 5 groups(EC classification)and evaluated the usefulness of the classification for differential diagnosis. Positive predictive value of each EC group was as follows. EC 1b(hyperplastic polyp): 100%. EC 2(adenoma): 75.0%. EC 3b(invasive cancer): 98.4%. In lesions of EC 3a, 9.1% were adenomas and 45.5% were invasive cancers. As for the differentiation between neoplastic(EC 2.3)and non-neoplastic(EC 1)lesions, the EC diagnosis corresponded with the pathological diagnosis completely. The integrated type EC system enabled us to observe colorectal lesions at the cellular level in vivo. Our classification of EC images corresponded well with the final pathological diagnosis. Endosytoscopy was especially useful for differential diagnosis between neoplastic and non-neoplastic lesions and for diagnosing invasive cancers.


Copyright © 2010, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 大腸腫瘍性病変に対するendocytoscopy 工藤 進英 , 池原 伸直 , 若村 邦彦 , 笹島 圭太 , 井上 晴洋 , 大塚 和朗 , 石田 文生 , 樫田 博史 , 浜谷 茂治 医学書院 胃と腸
    43巻 6号 (2008年5月)
    pp.969-977
    • 有料閲覧
  • 大腸腺腫・早期癌の内視鏡切除後のfollow up 若村 邦彦 , 工藤 進英 , 竹村 織江 , 池原 伸直 , 三澤 将史 , 森 悠一 , 神前 正幸 , 小形 典之 , 児玉 健太 , 水野 研一 , 細谷 寿久 , 和田 城祥 , 宮地 英行 , 小林 泰俊 , 近藤 純史 , 蟹江 浩 , 請川 淳一 , 工藤 由比 , 山村 冬彦 , 大塚 和朗 , 遠藤 俊吾 , 石田 文生 , 樫田 博史 , 田中 淳一 , 浜谷 茂治 医学書院 胃と腸
    42巻 10号 (2007年9月)
    pp.1453-1457
    • 有料閲覧
  • 1)EMR/EPMR 樫田 博史 , 林 武雅 , 細谷 寿久 , 若村 邦彦 , 和田 祥城 , 宮地 英行 , 池原 伸直 , 山村 冬彦 , 大塚 和朗 , 工藤 進英 医学書院 胃と腸
    45巻 5号 (2010年4月)
    pp.873-881
    • 有料閲覧
  • Endocytoscopy 工藤 進英 , 森 悠一 , 池原 伸直 , 若村 邦彦 , 久津川 誠 , 和田 祥城 , 工藤 豊樹 , 宮地 英行 , 山村 冬彦 , 大塚 和朗 , 井上 晴洋 , 浜谷 茂治 医学書院 臨床外科
    66巻 13号 (2011年12月)
    pp.1652-1660
    • 有料閲覧
  • 3. 箱根コンセンサス・工藤班会議の総括―VI pit pattern の分析および診断に関するコンセンサス 工藤 進英 , 小林 泰俊 , 樫田 博史 , 池原 伸直 , 笹島 圭太 , 林 武雅 , 乾 正幸 , 細谷 寿久 , 若村 邦彦 , 和田 祥城 , 水野 研一 , 工藤 恵子 , 請川 淳一 , 工藤 由比 , 山村 冬彦 , 大塚 和朗 , 遠藤 俊吾 , 石田 文生 , 田中 淳一 , 浜谷 茂治 医学書院 胃と腸
    42巻 5号 (2007年4月)
    pp.898-904
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有