Japanese

Pit Pattern Classification in Colorectal Neoplasms Hiroshi Kashida 1 , Kenta Kodama 1 , Orie Takemura 1 , Ken-ichi Mizuno 1 , Yoshiki Wada 1 , Masayuki Inui 1 , Yasutoshi Kobayashi 1 , Keiko Kudo 1 , Jun-ichi Ukegawa 1 , Yui Kudo 1 , Nobunao Ikehara 1 , Fuyuhiko Yamamura 1 , Kazuo Otsuka 1 , Shin-ei Kudo 1 1Digestive Disease Center, Showa University Northern Yokohama Hospital, Yokohama, Japan Keyword: pit pattern , 深達度 , VI高度不整 , NBI pp.613-618
Published Date 2007/4/26
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403101054
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference

 The openings of the colonic crypts are referred to as "pits", and the specific arrangement of the openings of the glands in various kinds of lesions which can be observed with a magnifying endoscpe is called the "pit pattern". The pit patterns are classified into I, II, IIIs, IIIL, IV, VI, and VN. Pit pattern analysis is useful to differentiate between neoplastic and non-neoplastic lesions because if the pit pattern is type I or type II, the lesion is almost definitely non-neoplastic. The lesions with type IIIs, IIIL or IV pit pattern can be treated endoscopically because they are adenomatous but not invasive. Those with type VN pit pattern should be treated surgically because they are definitely invasive and may have nodal metastases. The lesions with type VI encompass a variety of lesions from benign adenoma to invasive carcinoma. Therefore lesions with type VI pit pattern are first treated endoscopically, and additional surgical colectomy and lymph node dissection is considered after the histological analysis of the excised specimen.


Copyright © 2007, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 小腸出血性疾患に対する診断手技―シングルバルーン小腸内視鏡 大塚 和朗 , 工藤 進英 , 児玉 健太 , 池田 晴夫 , 小形 典之 , 樫田 博史 , 三澤 将史 , 山村 冬彦 , 池原 伸直 , 宮地 英行 , 若村 邦彦 , 横山 顕礼 医学書院 胃と腸
    45巻 3号 (2010年3月)
    pp.328-332
    • 有料閲覧
  • 1)EMR/EPMR 樫田 博史 , 林 武雅 , 細谷 寿久 , 若村 邦彦 , 和田 祥城 , 宮地 英行 , 池原 伸直 , 山村 冬彦 , 大塚 和朗 , 工藤 進英 医学書院 胃と腸
    45巻 5号 (2010年4月)
    pp.873-881
    • 有料閲覧
  • 新しい modality による大腸拡大観察の有用性・問題点・将来展望―endocytoscopy 笹島 圭太 , 工藤 進英 , 樫田 博史 , 井上 晴洋 , 日高 英二 , 小林 泰俊 , 工藤 由比 , 池原 伸直 , 田中 淳一 , 浜谷 茂治 , 塩川 章 医学書院 胃と腸
    41巻 13号 (2006年12月)
    pp.1801-1810
    • 有料閲覧
  • 17.大腸腫瘍癌,その他 樫田 博史 , 工藤 進英 , 竹内 司 , 大塚 和朗 , 山村 冬彦 , 大前 芳男 , 笹島 圭太 , 工藤 由比 , 大森 靖弘 , 下田 良 , 請川 淳一 , 佐々木 廣仁 , 小林 泰俊 , 鎮西 亮 , 田中 淳一 医学書院 胃と腸
    40巻 4号 (2005年4月)
    pp.639-642
    • 有料閲覧
  • 臨床からみた大腸腫瘍のpit pattern診断 工藤 進英 , 中城 一男 , 田村 智 , 山野 泰穂 , 中嶋 孝司 , 伊藤 治 , 日下 尚志 , 福岡 岳美 , 洗川 佐代子 , 後藤 英世 , 鈴木 章男 , 白坂 大輔 , 坂下 正典 , 福富 尉 , 田中 義規 , 古村 孟 , 井手口 尚生 , 松井 保憲 , 小松 泰介 医学書院 胃と腸
    31巻 11号 (1996年10月)
    pp.1313-1323
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有