書籍を検索します。雑誌文献を検索する際には「雑誌文献検索」を選択してください。

検索

カテゴリから選ぶ

事例から学ぶ地域・在宅看護論

事例から学ぶ地域・在宅看護論
本文を見る
  • 有料閲覧

筆頭著者 篠崎 惠美子 (他著)

その他の著者 藤井 徹也

医学書院

電子版ISBN 978-4-260-64618-5

電子版発売日 2021年3月22日

ページ数 116

判型 B5

印刷版ISBN 978-4-260-04618-3

印刷版発行年月 2021年2月

書籍・雑誌概要

初めて地域・在宅看護論を学ぶ看護学生に向けた、1年次から使えるサブテキスト。実習前に学んでおきたいマナーやコミュニケーション、情報収集の方法をコンパクトにまとめた「地域・在宅看護の基本」と「事例」で構成。事例では、学修のポイントを「生活の視点」「看護の視点」としてまとめ、課題と対応を解説。さらに、療養者さんやご家族、多職種との具体的な対話例を通して、実習前の準備や実習後のふりかえりにも活用できる。

目次

はじめに

 序章 今なぜ地域・在宅看護を学ぶのか
  ①「生活者」から考える
   1 看護はもともと家庭内で行われていた
   2 超高齢社会と地域包括ケアシステム
   3 地域包括ケアシステムにおける訪問看護師の役割
  ②地域・在宅看護と病院内看護の違い
   1 療養者・家族が主体である
   2 生活に医療をなじませ,自立を支援する
   3 多様な年齢・疾患・環境の療養者が対象となる
   4 自律した観察と判断が求められる
   5 制度や法律によって料金や時間などが規定されている

第1部 実習に行く前に知っておきたい地域・在宅看護の基本
 第1章 地域・在宅に出かける前におさえておきたい基本的マナー
  ①訪問前のマナー
   1 利用者の情報の確認をします
   2 持ち物に忘れ物がないかを確認します
   3 身だしなみの確認をします
   4 訪問時間と訪問場所・経路と所要時間の確認をします
   5 トイレを済ませておきます
  ②玄関でのマナー
   1 インターホンを鳴らす前に,身だしなみを整えます
   2 一呼吸おいてインターホンを鳴らします
   3 療養者・家族が出てこられたら,もう一度挨拶をします
  ③療養者のお部屋でのマナー
   1 入室時には,ノックか声かけをします
   2 座る前に挨拶をします
   3 勧められた席に座ります
   4 ケアに入る前に挨拶をします
  ④退出時のマナー
   1 後片付けをします
   2 終了の挨拶をします
   3 玄関で退出の挨拶をします
   4 玄関を出た後も気を抜きません
   COLUMN 訪問かばんはドラえもんのポケット!?
 第2章 地域・在宅看護におけるコミュニケーションと情報収集のポイント
  ①地域・在宅看護におけるコミュニケーションの基本
   1 コミュニケーションの場面を設定する(環境を整える)
   2 聴くための技法を活用する
  ②地域・在宅看護における情報収集のポイント
   1 限られた訪問時間で効率的に収集する
   2 療養者・家族の個人情報は慎重に扱う
   3 基本的な情報収集の項目
   4 いざという時に役立つフィジカルイグザミネーション
  ③地域・在宅看護における看護過程と記録
   1 地域・在宅看護における看護過程
   2 地域・在宅看護における記録

第2部 事例を通して地域・在宅看護を学ぶ
 第3章 療養者・家族を主体とした看護
   Case 1 必要でないケアを要求される
   Case 2 よかれと思って提案したことが苦情に発展
   Case 3 療養者と家族の意見が対立
 第4章 生活の場での看護
   Case 4 暮らしの場は,不適切な療養環境!?
   Case 5 療養者を中心にした環境調整
   Case 6 夜間の緊急電話の対応
 第5章 在宅エンド・オブ・ライフケア
   Case 7 在宅看取りを望む療養者と家族の不安
   Case 8 独居の療養者のエンド・オブ・ライフケア
   Case 9 遺族のグリーフケア
 第6章 認知機能が低下した人の在宅療養生活支援
   Case 10 老老介護の世帯で介護者が認知症に
   Case 11 認知症のある療養者からの暴言・暴力
   Case 12 介護者による虐待が疑われる
   COLUMN 高齢者虐待
 第7章 地域包括ケアシステムをつくる多職種連携
   Case 13 医師との連携
   Case 14 地域支援チームによる退院前カンファレンス
   Case 15 役割の違う看護師同士の連携

索引