症候から入る小児の身体診察
  • 有料閲覧

症候から入る小児の身体診察

ポイントを押さえたスムーズな診断のコツ 筆頭著者 稲毛 康司 (編) 文光堂 電子版ISBN 電子版発売日 2021年8月23日 ページ数 240 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-8306-3043-9 印刷版発行年月 2020年6月

書籍・雑誌概要

小児の身体診察を行う際には,症候ごとにチェックすべき身体所見を頭に浮かべることが,正確でスムーズな診断への近道となる.本書では,小児とのコミュニケーションの取り方や,発達・成長の評価方法などの身体診察の基本から,個別の症候において確認すべき身体所見やその取り方,鑑別診断として思い浮かべるべき疾患など,イラストや写真も交えて解説.上手な身体診察を行い正しい診断へとたどり着くためのヒントが満載の一冊.

目次

巻頭カラー

Ⅰ 総 論
 1 症候から入る身体診察のための病歴聴取〜taking a history〜
 2 子どもとのコミュニケーションから入る身体診察
 3 身体の評価
  A.小児の身体計測 anthropometric(measurement)instrumentation
  B.栄養評価
  C.バイタルサイン(生命徴候)
 4 身体診察の手技
 5 身体診察に必要な成長評価
  A.身長・体重,頭囲,胸囲
  B.二次性徴
 6 乳幼児の発達評価
 7 健康な小児の診察─年齢別・正常がわかれば異常がわかる診察のコツ
  A.1か月児
  B.乳 児
  C.幼 児
  D.学 童
  E.思春期
 8 形態異常の診察(dysmorphology)
  Column 1 聴診器の使い方
  Column 2 耳鏡の使い方
  Column 3 上手な皮膚の写真の撮り方

Ⅱ 各 論
 1 疼痛の診察
  A.頭 痛
  B.胸 痛
  C.腹痛 虫垂炎を題材として
  D.関節痛
 2 発熱の診察
  A.3か月以内の発熱
  B.幼児期の発熱
 3 呼吸器疾患
  A.長引く咳嗽
  B.喘 鳴
  C.呼吸困難
 4 循環器疾患
  A.心雑音
  B.チアノーゼ
 5 肝臓・消化器疾患
  A.嘔吐(乳児
  B.嘔吐(学童) 周期性嘔吐症候群を題材に
  C.下痢・下血(1)
  D.下痢・下血(2)
  E.新生児期以降の黄疸,体を痒がる
 6 血液疾患
  A.貧 血
  B.紫 斑
 7 腫瘤の診察
  A.頸部腫瘤(甲状腺腫を除く)
  B.甲状腺腫
  C.腹部腫瘤
 8 腎泌尿器疾患
  A.乏 尿
  B.浮 腫
 9 神経疾患
  A.筋力低下 Duchenne型筋ジストロフィー症を題材に
  B.筋緊張低下 フロッピーインファントを題材に
  C.歩行障害
  D.けいれん発作・重積状態
  E.意識障害
 10 精神・心身症
  A.や せ
  B.不登校
 11 耳鼻咽喉科疾患
  A.耳 痛
  B.咽頭痛
 12 皮膚疾患
  A.水疱のできる疾患の鑑別
  B.母斑 神経線維腫症1型と他の褐色斑との鑑別
  C.血管腫・血管奇形
 13 眼科疾患
  A.斜 視
  B.虹彩・瞳孔の異常

付 録 巻末資料
索 引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る