薬剤師が知っておきたい 病気と薬剤のはなし
  • 有料閲覧

薬剤師が知っておきたい 病気と薬剤のはなし

筆頭著者 遠山 正彌 (編) 金芳堂 電子版ISBN 電子版発売日 2021年4月5日 ページ数 344 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-7653-1851-8 印刷版発行年月 2021年1月

書籍・雑誌概要

大阪府立病院機構では、医療情報共有プラットフォームを構築しており、その活用にあたり、大阪府立病院機構に所属する病院薬剤師と、関連薬局薬剤師に向け、講習会を行っています。講習会では、先進医療についても紹介し、医療情報の取扱いに加え、大阪府立病院機構で対応している病気やその治療内容などについて講義を行っています。今回、講習会中に使用するテキストを作成することで、講習会終了後も振り返ることのできるよう、各疾患の病態や治療方法、薬剤などをわかりやすく簡潔にまとめました。今後、医師と薬剤師の医療情報共有や連携がますます重要となります。講習会参加者はもちろん、全国の薬剤師に持っておいてもらいたい書籍です。

目次

CHAPTER I 薬剤師が知っておきたい病気や薬剤など
1.がん
2.慢性腎不全
3.慢性心不全
4.糖尿病
5.関節リウマチ
6.気管支喘息
7.アトピー性皮膚炎
8.結核
9.合併症妊娠
10.小児疾患
11.統合失調症
12.双極性障害
13.自閉スペクトラム症

CHAPTER Ⅱ 医療情報の取扱い方
1.個人情報保護の基本的考え方
2.個人情報保護の法的根拠
3.個人情報の定義
4.要配慮個人情報の定義
5.個人情報の第三者提供
6.個人情報の安全管理措置
7.個人情報利用目的の掲示と開示請求

CHAPTER Ⅲ 医薬品と患者安全
1.患者安全における医薬品安全管理の重要性
2.処方監査における医師への疑義照会
3.ヒューマンファクターズに基づく安全な調剤業務
4.レジリエンス・エンジニアリング理論に基づく先行的安全マネジメント
5.患者医療者協働型のアドヒアランス向上

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る