精神看護の看護過程 第1版
  • 有料閲覧

精神看護の看護過程 第1版

筆頭著者 水野 恵理子 (編著) 淑徳大学看護栄養学部教授 サイオ出版 電子版ISBN 電子版発売日 2021年5月3日 ページ数 152 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-907176-87-7 印刷版発行年月 2020年5月

書籍・雑誌概要

精神看護の手立てが見えてくるように、実習でよく出合う精神疾患について、その病態生理、事例と看護過程の展開の実際、プロセスレコードの実際を盛り込んで解説する。

目次

目次
第1章 精神看護とは

1 精神看護の領域
1.精神看護の定義と概念
2.精神医療の歴史と課題
 諸外国の精神医療/わが国の精神医療  
3.精神看護がめざすもの

2 対象のとらえ方
1.対象を理解するための手立て
 患者の言葉の背景にあるものを知る/Beingの意味と実践/「まともさ」を信じる/患者にとっての病の意味を考える
2.精神機能とその異常
 意識/知覚/記憶/知能/思考/言語/感情/意欲/自我意識

3 看護師の役割と技術
1.看護モデル
 セルフケアに焦点をあてた看護理論/人間関係に焦点をあてた看護理論 
2.精神科臨床におけるケアの原則(ケアの基本)
 自我を脅かさず自我機能を高める/傾聴する/感情表出や情緒的交流ができる環境づくり/受容する/治療的な自己活用/ロールモデルになる/患者の健やかさや本来の姿を知る/患者-学生関係の意識する
3.観察、情報収集、アセスメント
 観察/身体状態の確認/患者の訴えに注意する/患者の全体像を把握する/患者を線で理解する/情報収集/アセスメント
4.対人関係における技術
 コミュニケーション/共感/距離/信頼関係/プロセスレコード

4 精神看護学実習での学び
1.実習体制
2.学生の変化
3.カンファレンスの意義

第2章 看護過程の実際
1 統合失調症
2 気分障害
3 認知症
4 摂食障害
5 アルコール依存症

第3章 地域における生活支援
1 精神障害をもちながら地域で生活するということ
1.精神障害者の「生きづらさ」
2.精神障害を抱えてどのような状態になっているのか
3.社会生活の維持
 医療の継続/精神科リハビリテーションとリカバリー/社会の理解

2 地域生活を支えるための資源
1.精神障害者を取り巻く現在の制度の成り立ち
2.関連する主な法律
 1995年精神保健福祉 2013年障害者総合支援法
3.主なサービス
 障害者総合支援法におけるサービス/精神保健福祉法における精神障害者保健福祉手帳/その他のサービス

3 家族への支援
1.家族に期待されること
2.家族の状況
3.家族の支援
 精神障害(者)に関する適切な情報の提供/生活上の困難さの軽減
4.家族を理解すること

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る