書籍を検索します。雑誌文献を検索する際には「雑誌文献検索」を選択してください。

検索

カテゴリから選ぶ

新訂版 パワーアップ問題演習 微生物学

新訂版 パワーアップ問題演習 微生物学
本文を見る
  • 有料閲覧

筆頭著者 西條 政幸 (著)

国立感染症研究所ウイルス第一部部長

サイオ出版

電子版ISBN

電子版発売日 2020年10月26日

ページ数 160

判型 B5

印刷版ISBN 978-4-907176-34-1

印刷版発行年月 2015年3月

書籍・雑誌概要

好評を博している「パワーアップシリーズ」の微生物学編。エボラ出血熱やデング熱などの流行だけでなく、日常生活のなかで認められる感染症対策の重要性は高まることはあっても、低下することはない。重要語句と穴埋め記述の問題によって必要な知識の理解と整理につながる。確認問題や4者択一問題、5者択一問題、看護師国家試験の過去問を豊富に取り入れ、さまざま角度から最小限の知識が裏づけられるようにした。

目次

目次

Chapter1 微生物学のあゆみ
001 微生物の定義
002 微生物の大きさ
003 微生物の性質
004 原核生物・真核生物
005 原核生物・真核生物
006 顕微鏡の開発
007 白鳥の首フラスコの実験
008 パスツール
009 近代微生物学の始まり
010 コッホの業績
011 コッホの4原則
012 コッホの4原則
013 コッホの業績
014 ウイルスの発見
015 微生物の発見
016 微生物の発見
017 ワクチン開発の歴史
018 微生物の研究
019 微生物の研究
020 抗毒素血清療法
021 抗菌薬の開発
022 消毒法・抗菌薬の開発
023 微生物学の歴史
024 抗ウイルス薬の開発
実践問題

Chapter2 細菌学
001 細菌とは
002 球菌
003 細菌の染色性
004 グラム陽性菌・グラム陰性菌
005 抗酸性染色法
006 細菌の構造
007 細菌の性質
008 細菌の構造
009 細菌の構造
010 芽胞
011 芽胞の形成
012 滅菌法
013 芽胞形成菌の特徴
014 細菌の酸素要求性
015 増殖至適温度域
016 増殖速度
017 代謝
018 細菌の遺伝
019 細胞の病原性(細菌毒素)
020 病原因子
021 細菌内寄生菌
022 抗毒素血清療法
023 化膿性レンサ球菌と毒素
024 ベロ毒素
025 細菌毒素
実践問題

Chapter3 真菌学
001 真菌と人間生活とのかかわり
002 真菌の形態
003 細菌と真菌の基本的構造
004 真菌の発育・増殖
005 真菌の発育・増殖
006 真菌の増殖
007 カンジダ・アルビカンス
008 真菌の分類
009 真菌症の特徴
実践問題

Chapter4 原虫学
001 原虫
002 原虫の特徴
003 原虫の分類
004 接触感染
005 原虫の増殖
006 媒介生物
007 原虫の寄生部位
008 経胎盤感染
009 原虫症
実践問題

Chapter5 ウイルス学
001 ウイルスの特徴
002 ウイルスの形態
003 ウイルスの基本構造
004 ウイルスの分類
005 ウイルスの特徴
006 ウイルスの増殖
007 ウイルスの増殖
008 ウイルスの病原性
009 がん化
010 腫瘍ウイルス
011 突然変異
012 突然変異
013 ウイルスの分類
014 ウイルスの変異
015 遺伝子組換え
016 遺伝子組換え
017 温度感受性変異株と生ワクチン
実践問題

Chapter6 感染
001 感染の定義
002 感染の成立
003 感染の成立
004 感染の成立
005 日和見感染症
006 感染と発症の形態
007 伝播様式
008 伝播様式
009 食中毒
010 空気感染
011 垂直感染
012 垂直感染
013 人獣共通感染症
実践問題

Chapter7 免疫学
001 免疫とは
002 免疫
003 免疫機序
004 免疫機序
005 免疫担当細胞
006 免疫の誘導機序
007 免疫の作用機序
008 抗体(グロブリン)
009 抗体(グロブリン)
010 補体
011 補体
012 補体
013 サイトカイン
014 アレルギー
実践問題

Chapter8 感染症
001 新興・再興感染症
002 日和見感染症
003 院内感染
004 感染症法
005 学校保健法
006 感染管理
007 感染予防
008 免疫とワクチン
009 ワクチンの種類
010 B型肝炎ウイルスの母子感染予防
011 感染症の診断
012 感染症の診断
013 ウイルス感染症の診断
014 滅菌法
015 抗菌薬
016 化学療法
017 抗菌薬
018 抗菌薬とその副作用
019 抗ウイルス薬
020 アシクロビル
実践問題

Chapter9 主な病原細菌と細菌感染症
001 黄色ブドウ球菌
002 化膿性レンサ球菌感染症
003 化膿性レンサ球菌
004 B群レンサ球菌
005 細菌と疾患
006 百日咳
007 レジオネラ症
008 淋病
009 細菌感染症の母子感染予防
010 大腸菌
011 赤痢菌
012 ペスト
013 細菌と疾患
014 細菌性食中毒
015 細菌性食中毒
016 細菌性食中毒
017 インフルエンザ菌感染症
018 コレラ
019 グラム陽性桿菌
020 炭疽
021 破傷風
022 破傷風
023 ボツリヌス
024 ヘリコバクター・ピロリ菌感染症
025 梅毒
026 ジフテリア
027 結核
028 トラコーマクラミジア
実践問題

Chapter10 主な病原真菌と真菌症
001 表在性皮膚真菌症
002 表在性皮膚真菌症
003 表在性皮膚真菌症
004 カンジダ・アルビカンス
005 日和見真菌症
006 輸入真菌症
007 輸入真菌症
008 輸入真菌症
実践問題

Chapter11 主な病原原虫と原虫症
001 腸管寄生原虫
002 クリプトスポリジウム症
003 クリプトスポリジウム・パルブム
004 赤痢アメーバ原虫
005 ジアルジア(ランブル鞭毛虫)
006 腟トリコモナス原虫
007 腟トリコモナス症
008 感染症と媒介生物
009 トキソプラズマ・ゴンディ
010 トキソプラズマ症
011 トリパノソーマ原虫
012 リーシュマニア症
013 マラリア
014 マラリア
015 マラリア
実践問題

Chapter12 主な病原ウイルスとウイルス感染症
001 ポックスウイルス科
002 ヘルペスウイルス科
003 ヘルペスウイルス科
004 ヘルペスウイルス科
005 ヘルペスウイルス科
006 アデノウイルス科
007 ポリオ
008 ポリオ
009 レオウイルス科・カリシウイルス科
010 風疹
011 麻疹
012 ムンプス
013 RSウイルス
014 トガウイルス科・パラミクソウイルス科
015 狂犬病
016 フラビウイルス科
017 インフルエンザ
018 2009年パンデミックインフルエンザ
019 高病原性鳥インフルエンザ
020 ウイルス性出血熱
021 レトロウイルス科
022 ヒト免疫不全ウイルス
023 後天性免疫不全症候群
024 B型肝炎ウイルス
025 C型肝炎ウイルス
026 肝炎ウイルス感染症
027 小児の呼吸器感染症
028 免疫不全とウイルス感染症
029 ウイルスと疾患
030 新興ウイルス感染症
実践問題

Chapter13 プリオンとプリオン病
001 クロイツフェルト・ヤコブ病
002 変異型クロイツフェルト・ヤコブ病
実践問題

索引
別冊 解答・解説