新微生物学
  • 有料閲覧

新微生物学

筆頭著者 舘田 一博 (他編) 日本医事新報社 電子版ISBN 978-4-7849-6584-7 電子版発売日 2017年10月30日 ページ数 240 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-7849-1193-6 印刷版発行年月 2016年6月

書籍・雑誌概要

微生物学・感染症学の要点をQ&A形式でコンパクトにまとめた参考書。病原体の特徴や感染症でみられる典型的な臨床像をカラー写真と図で示した。

目次

1 微生物学総論
Q 1 微生物学・感染症学の歴史
Q 2 寄生虫学の歴史
Q 3 微生物の種類と特徴
Q 4 感染症の原因としての微生物
Q 5 微生物の培養法
Q 6 微生物の同定法
Q 7 微生物の染色法
Q 8 感染症の診断法
Q 9 生活の中で利用される微生物

2 微生物に対する生体防御機構
Q 10 自然免疫
Q 11 獲得免疫
Q 12 常在細菌叢による感染防御

3 感染・発症・伝播様式と対策
Q 13 感染,感染症,発症とは
Q 14 微生物の病原因子の種類と特徴
Q 15 内因性感染と外因性感染
Q 16 感染源と感染経路
Q 17 先天性感染症
Q 18 院内感染と感染対策
Q 19 消毒と滅菌
Q 20 新興・再興感染症
Q 21 届け出が必要な感染症

4 抗微生物薬の種類と特徴
Q 22 薬剤感受性検査
Q 23 抗菌薬の作用機序と副作用
Q 24 抗菌薬の効果に影響を与える因子
Q 25 抗菌薬の耐性機序
Q 26 βラクタム系
Q 27 アミノグリコシド系
Q 28 ニューキノロン系
Q 29 マクロライド系
Q 30 テトラサイクリン
Q 31 グリコペプチド系
Q 32 ポリペプチド系
Q 33 リポペプチド系
Q 34 リファンピシン
Q 35 葉酸拮抗剤
Q 36 抗ヘルペス薬
Q 37 抗HIV薬
Q 38 抗インフルエンザ薬
Q 39 抗HCV薬
Q 40 真菌感染症治療薬
Q 41 アムホテリシンB
Q 42 アゾール系
Q 43 キャンディン系
Q 44 寄生蠕虫類の治療薬
Q 45 原虫類感染症の治療薬
【薬剤耐性菌】
Q 46 MRSA
Q 47 βラクタマーゼ産生菌
Q 48 多剤耐性グラム陰性菌
Q 49 バンコマイシン耐性腸球菌

5 細 菌
Q 50 細菌の分類とグラム染色
Q 51 細菌の構造と特徴
Q 52 細菌の増殖と代謝
Q 53 細菌遺伝子の伝達と変異
【グラム陽性球菌】
Q 54 ブドウ球菌(スタフィロコッカス)属
Q 55 連鎖球菌(ストレプトコッカス)属
Q 56 腸球菌(エンテロコッカス)属
【グラム陰性桿菌】
Q 57 腸内細菌科
Q 58 腸内細菌科:大腸菌
Q 59 腸内細菌科:サルモネラ属
Q 60 腸内細菌科:肺炎桿菌
Q 61 腸内細菌科:赤痢菌
Q 62 腸内細菌科:エンテロバクター属
Q 63 腸内細菌科:セラチア属
Q 64 腸内細菌科:プロテウス属
Q 65 腸内細菌科: エルシニア属
Q 66 ビブリオ属
Q 67 エロモナス属
Q 68 パスツレラ属
【らせん菌】
Q 69 カンピロバクター属
Q 70 ヘリコバクター・ピロリ
【グラム陰性好気性菌】
Q 71 緑膿菌
Q 72 アシネトバクター属
Q 73 モラクセラ属
Q 74 レジオネラ属
Q 75 コクシエラ属
Q 76 ナイセリア属
Q 77 ボルデテラ属
Q 78 ブルセラ属
Q 79 バルトネラ属
【グラム陽性桿菌】
Q 80 バシラス属
Q 81 コリネバクテリウム属
Q 82 リステリア属
【嫌気性菌】
Q 83 嫌気性菌
Q 84 クロストリジウム属
【抗酸菌】
Q 85 抗酸菌
Q 86 結核菌
Q 87 非結核性抗酸菌
Q 88 アクチノミセス,ノカルジア
【その他】
Q 89 スピロヘータ
Q 90 マイコプラズマ
Q 91 リケッチア
Q 92 クラミジア

6 ウイルス
Q 93 ウイルスの分類・構造と特徴
Q 94 ウイルスの増殖・複製・変異
Q 95 ウイルスの培養法,検出法,血清診断
Q 96 ウイルスの感染経路と感染メカニズム
Q 97 ウイルスに対する免疫応答
Q 98 ウイルスと発癌
【DNAウイルス】
Q 99 ヘルペスウイルス科
Q 100 単純ヘルペスウイルス
Q 101 水痘・帯状疱疹ウイルス
Q 102 EBウイルス (エプスタイン・バーウイルス)
Q 103 サイトメガロウイルス
Q 104 ヒトヘルペスウイルス6型,7型
Q 105 ヒトヘルペスウイルス8型
Q 106 アデノウイルス
Q 107 ヒトパルボウイルスB19
Q 108 ヒトパピローマウイルス(HPV)
Q 109 ヒトポリオーマウイルス
Q 110 ポックスウイルス
【RNAウイルス】
Q 111 インフルエンザウイルス
Q 112 麻疹ウイルス
Q 113 ムンプスウイルス
Q 114 風疹ウイルス
Q 115 パラインフルエンザウイルス
Q 116 RSウイルス
Q 117 エンテロウイルス属
Q 118 ポリオウイルス
Q 119 コクサッキーウイルス
Q 120 エコーウイルス
Q 121 ライノウイルス
Q 122 ヒトメタニューモウイルス
Q 123 ヒトコロナウイルス
Q 124 SARSコロナウイルス
Q 125 ロタウイルス
Q 126 ノロウイルス
Q 127 デングウイルス
Q 128 黄熱ウイルス
Q 129 日本脳炎ウイルス
Q 130 ウエストナイルウイルス
Q 131 狂犬病ウイルス
Q 132 エボラウイルスなどの出血熱ウイルス
Q 133 ハンタウイルス
Q 134 ヒトT細胞白血病ウイルス
Q 135 ヒト免疫不全ウイルス(HIV)
Q 136 HIV感染症(AIDS)
Q 137 A型肝炎ウイルス
Q 138 B型肝炎ウイルス【DNAウイルス】
Q 139 C型肝炎ウイルス
Q 140 その他の肝炎ウイルス
Q 141 プリオン

7 真 菌
Q 142 真菌の分類と特徴
Q 143 真菌の増殖と病原性
Q 144 真菌に対する免疫応答
Q 145 真菌感染症の診断法
Q 146 カンジダ
Q 147 カンジダ症
Q 148 アスペルギルス
Q 149 アスペルギルス症
Q 150 クリプトコッカス
Q 151 接合菌(ムーコル)
Q 152 ニューモシスチス
Q 153 トリコスポロン
Q 154 コクシジオイデスその他の輸入真菌症
Q 155 白癬菌
Q 156 癜風菌
Q 157 スポロトリクス

8 原虫・蠕虫
Q 158 寄生虫の分類と特徴
Q 159 原虫・蠕虫の増殖様式
Q 160 原虫・蠕虫の病原性
Q 161 原虫・蠕虫に対する免疫応答
Q 162 原虫・蠕虫感染症の診断法
Q 163 マラリア原虫の発育
Q 164 マラリアの臨床
Q 165 赤痢アメーバ症
Q 166 トキソプラズマ症
Q 167 腟トリコモナス
Q 168 クリプトスポリジウム症
Q 169 サイクロスポーラ症
Q 170 ジアルジア症
Q 171 リーシュマニア症
Q 172 トリパノソーマ症
Q 173 腸管内条虫症
Q 174 有鉤嚢虫症
Q 175 エキノコックス症(包虫症)
Q 176 住血吸虫症
Q 177 食品媒介寄生虫症
Q 178 土壌伝播線虫症(回虫,鉤虫,鞭虫)
Q 179 蟯虫症
Q 180 糞線虫症
Q 181 糸状虫(フィラリア)症
Q 182 幼虫移行症

9 臨床上重要な感染症の特徴と原因微生物
Q 183 上気道炎
Q 184 細菌性肺炎
Q 185 非定型肺炎
Q 186 感染性下痢症
Q 187 腸管出血性大腸菌感染症
Q 188 渡航者下痢症
Q 189 Clostridium difficileによる下痢症
Q 190 尿路感染症
Q 191 敗血症
Q 192 髄膜炎
Q 193 骨髄炎
Q 194 感染性心内膜炎
Q 195 胆道感染症
Q 196 肝膿瘍
Q 197 性行為感染症

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る