がん患者と対症療法 Vol.28 No.1
  • 有料閲覧

がん患者と対症療法 Vol.28 No.1

特集 緩和ケア病棟が変わる:紹介のタイミングとその後の療養 メディカルレビュー社 電子版ISBN 電子版発売日 2020年9月21日 ページ数 80 判型 A4判変型 印刷版ISSN 0918-8509 印刷版発行年月 2019年2月

書籍・雑誌概要

特集 緩和ケア病棟が変わる:紹介のタイミングとその後の療養
医療界におけるQOL尊重の趨勢に伴い,がんの疼痛対策はもとより,終末期医療のあり方の再検討,がん治療の副作用対策など,対症療法を重視すべきとの議論は盛んになりつつある。がんの諸症状を対象とした対症療法のさまざまな問題点をクローズアップし,医療従事者の診療時の一助となるべく平易に解説。

目次

○特集 緩和ケア病棟が変わる:紹介のタイミングとその後の療養
・平成30年度の診療報酬改定に伴う緩和ケア病棟の役割の転換がやってくる/石原辰彦
・緩和ケア病棟での療養を提案する立場から
 ①胃がん:Medical Oncologistからの提言/佐藤 温 ほか
 ②乳がん:緩和的薬物療法を習得しよう/渡辺 亨
 ③肺がん:肺がんの個別化治療と終末期緩和ケア/佐々木治一郎
・患者/家族の立場から
 ①体験者:患者が確実に専門的な緩和ケアにつながる仕組みに向けて/天野慎介
 ②遺族:奇跡的な緩和ケア選択/佐々木渉一
 ③体験者:緩和ケア病棟について患者・家族・患者会として思うこと/三好 綾
・緩和ケア病棟での療養を担う立場から
 ①診療報酬改定にみる緩和ケア病棟の今後―変わるべきことと変わってはいけないこと―/前野 宏
 ②都市の緩和ケア病棟(PCU):パラダイムシフト―移り変わる時代のニーズと緩和ケア病棟の役割―/竹井清純
 ③地域連携システム:在宅緩和ケアを支える地域連携システムの構築/谷水正人

○連載
・現場で役立つがん看護
 治療期に生じる浮腫のマネジメント/苅安真佐美
・がん患者のための薬物療法講座
 鎮痛薬・症状緩和治療薬:患者さんに上手に使ってもらうには②/龍 恵美
・疼痛緩和に必要な画像検査とそのタイミング
 がん患者の痛みを伴う下肢筋力低下には積極的に脊髄圧迫症の可能性を考える/廣橋 猛
・リレーエッセイ-“痛み”の周辺から-(29)
 苦痛に寄り添うスキル/佐々木治一郎
・What's New
 一般社団法人全国がん患者団体連合会(全がん連)加盟団体の一覧と概要

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

  • がん患者と対症療法 Vol.27 No.1 特集 がん治療医に聞く:実地臨床に必要な疼痛緩和の知識 メディカルレビュー社 ISSN 0918-8509
  • LiSA Vol.28 No.1 2021 徹底分析シリーズ:末梢ルートトラブル 点滴漏れと薬剤性静脈炎/症例カンファレンス:COVID-19陽性患者の開放骨折/ 快人快説:麻酔メカニズム研究シリーズ(6)Na+,K+-ATPaseと全身麻酔薬 メディカル・サイエンス・インターナショナル ISSN 1340-8836
  • 看護管理 Vol.28 No.1 特集 人生100年時代のキャリアデザイン 一個人としての「わたし」のキャリアを創造する 医学書院 ISSN 0917-1355
  • 総合診療 Vol.28 No.1 特集 シン・フィジカル改革宣言! 私の“神技”伝授します。 医学書院 ISSN 2188-8051
  • 看護過程に沿った対症看護 第5版 高木 永子 (監修) 学研メディカル秀潤社 ISBN 978-4-7809-1195-4
  • 看護管理 Vol.28 No.9 特集 看護師長のための「地域分析」入門 医学書院 ISSN 0917-1355
  • 総合診療 Vol.28 No.3 特集 糖尿病のリアル 現場の「困った!」にとことん答えます。 医学書院 ISSN 2188-8051
  • 看護管理 Vol.28 No.7 特集 2018年診療報酬・介護報酬同時改定への対応 病院看護部としての戦略を描く 医学書院 ISSN 0917-1355
  • 看護管理 Vol.28 No.6 特集 「高齢者の治療選択」を支える 患者にとっての最善を見据えて 医学書院 ISSN 0917-1355
  • 看護管理 Vol.28 No.11 特集 1冊まるごと特集!これからの入退院支援・在宅移行支援 ケアプロセスを切れ目なくつなぎ,意思決定を支える 医学書院 ISSN 0917-1355
もっと見る