メカニズムから見る 吸入デバイスのピットホール
  • 有料閲覧
喘息・COPD吸入療法の患者指導に必携!

メカニズムから見る 吸入デバイスのピットホール

筆頭著者 大林 浩幸 (著) 日経BP社 電子版ISBN 電子版発売日 2018年4月2日 ページ数 184 判型 A4 印刷版ISBN 978-4-8222-0097-8 印刷版発行年月 2016年10月

書籍・雑誌概要

気管支喘息・COPDの吸入療法を、吸入デバイスの視点からアドバイス

気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療に欠かすことができない吸入薬。その陰の主役で治療の成否を決めるのは、吸入デバイスなのです。

気管支喘息やCOPD患者の高齢化が進む中、使いやすく設計されたはずの吸入デバイスに思わぬピットフォール(誤操作)が隠れています。医療者が気が付かない、治療の落とし穴です。

患者がピットホールに陥らず、症状の良好なコントロールを得るためには、吸入デバイスのメカニズムを理解して吸入指導するコツがあります。デバイスのメカニズムを知り、操作ミスが発生する母地を把握しておくことで、患者の操作ミスを発見しやすくなり、重点的に指導できます。

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る