Dr.林の 高齢者救急・急変お助け本
  • 有料閲覧

Dr.林の 高齢者救急・急変お助け本

筆頭著者 林 寛之 (編) 日本医事新報社 電子版ISBN 電子版発売日 2021年4月5日 ページ数 288 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-7849-4699-0 印刷版発行年月 2021年3月

書籍・雑誌概要

訴えも曖昧、話が通じない、合併症や致死率も高い…そんな高齢者救急の面白さをDr.林が教えます!
・超高齢社会のいま、日常診療は高齢者を上手に見られなければはじまりません!
・認知症や合併症、生理機能低下など、一つの正解がない高齢者医療でも、系統だった評価の仕方が分かれば大丈夫!
・知らなきゃモグリの鉄板の名言から新作格言まで、新進気鋭の執筆陣を迎えてDr.林が高齢者救急の楽しみ方を伝授。

目次

総論:高齢者救急のTips & Pitfalls
1.曖昧な訴えの高齢者のコミュニケーションTips
2.高齢者ならではの疾患を知っておこう

救急外来編
1.意識障害:急に呆けた?
2.ショック
3.一過性意識障害:ホントに失神なの?
4.頭が痛い
5.胸が痛い
6.腹痛:お腹が痛い
7.息切れ
8.転んだ!骨折
9.サルコペニア
10.ホントに呆けた?
11.高齢者の感染症
12.結核を疑ったら
13.血液サラサラ飲んでいる?
14.ポリファーマシー
15.高齢者虐待
16.高齢者の外傷

病棟編
1.術後発熱,入院中の発熱
2.せん妄
3.安全に地域に返すには

緩和救急編
1.緩和患者がやってきた
2.絶対知っておきたいがん患者のABC
3.ACPの必殺技!

在宅編
1.在宅急変を予想する
2.在宅診療のTips
3.多職種連携の裏技

会話を弾ませるコミュニケーション


column
健康長寿のアドバイス
咬舌と失神と痙攣
お風呂と失神
心筋梗塞?.本当はSAH!
慢性硬膜下血腫に外傷歴の有無は不要!
心血管性失神
楽しく話す「骨そそそ……(骨粗鬆症)」
高齢者は松葉杖の使い方がヘタクソと思え!
REBOAまたはIABOって知ってる?
エンドオブライフケアが必要と判断したとき

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る