これだけ!知っておきたいこどもの感染症10×3
  • 有料閲覧

これだけ!知っておきたいこどもの感染症10×3

筆頭著者 笠井 正志 (監修) 兵庫県立こども病院感染症科科長 日本医事新報社 電子版ISBN 978-4-7849-6641-7 電子版発売日 2018年5月28日 ページ数 208 判型 B6変 印刷版ISBN 978-4-7849-4646-4 印刷版発行年月 2018年4月

書籍・雑誌概要

◾最低限知っておきたいこどもの感染症治療について、「Focus(感染巣)」「Microbes(病原微生物)」「Antibiotics(抗菌薬)」それぞれ10項目×3=30項目にまとめました。それぞれを別個にでなく、つながりをもって学ぶことにより、こどもの感染症診療が得意科目になります!
◾小児感染症の勉強はどこから手を付ければいいか迷うという方の、はじめの一歩としておすすめです。
◾「未来に使える抗菌薬を残す」という透徹した考えに貫かれた一冊。

目次

総 論
1.感染症診療 10の原則
2.小児感染症診療の特殊性

各 論
「Focus」
1.細菌性髄膜炎
2.敗血症
3.急性中耳炎
4.咽頭炎,咽後膿瘍,扁桃周囲膿瘍
5.肺炎
6.急性胃腸炎
7.尿路感染症
8.皮膚軟部組織感染症,骨髄炎,関節炎
9.カテーテル関連血流感染(CRBSI)
10.新生児感染症

「Microbes」
1.ブドウ球菌
2.レンサ球菌
3.肺炎球菌
4.百日咳
5.大腸菌
6.インフルエンザ菌
7.サルモネラ
8.カンピロバクター
9.緑膿菌
10.マイコプラズマ

「Antibiotics」
1.ABPC,ABPC/SBT
2.PIPC,PIPC/TAZ
3.CEZ
4.CMZ
5.CTX,CTRX
6.MEPM
7.VCM
8.GM
9.CAM,AZM
10.ST合剤

コラム アンチバイオグラム
    薬剤感受性試験

資料  抗菌薬投与量一覧/おもな相互作用一覧

索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る