進行性腎障害診療ガイドライン2014 ダイジェスト版
  • 有料閲覧
エビデンスに基づく

進行性腎障害診療ガイドライン2014 ダイジェスト版

筆頭著者 松尾 清一 (監) 東京医学社 電子版ISBN 電子版発売日 2018年6月11日 ページ数 88 判型 A4変 印刷版ISBN 978-4-88563-244-0 印刷版発行年月 2014年12月

書籍・雑誌概要


目次

エビデンスに基づくネフローゼ症候群診療ガイドライン2014
  Ⅰ.疾患概念・定義(病因・病態生理)
 Ⅱ.診 断
   1.症候学・臨床症状
   2.検査所見
 Ⅲ.疫学・予後
   1.発生率・有病率・再発率
   2.寛解率・無効率・予後
   3.合併症発生率
 Ⅳ.治 療
   1.治療に関するCQ
    2.食事指導
   3.治療解説と治療アルゴリズム

エビデンスに基づくIgA腎症診療ガイドライン2014
 Ⅰ.疾患概念・定義(病因・病態生理)
   1.定義・概念・沿革
   2.病因・病態生理
 Ⅱ.診 断
   1.診 断
   2.症状,検査所見
   3.病 理
   4.重症度分類
   5.IgA腎症の特殊型(atypical forms of IgA nephropathy)
 Ⅲ.疫学・予後
   1.発症率,有病患者数
   2.自然経過
   3.治療指針の変化に伴う予後の変遷
   4.初診時または診断時に予後と関連する要因
   5.予後と関連する経過中の判定指標
   6.尿所見の寛解とその意義
   7.フォローアップ
 Ⅳ.治 療
   1.総論:成人IgA 腎症の腎機能障害の進行抑制を目的とした治療介入の適応
   2.免疫抑制療法(成人)のCQ
   3.免疫抑制療法(小児)のCQ
   4.補助,支持療法(成人)のCQ
   5.生活・食事指導の注意のCQ
   6.ステロイド療法および免疫抑制療法の副作用とその対策

エビデンスに基づく急速進行性腎炎症候群(RPGN)診療ガイドライン2014
  Ⅰ.疾患概念・定義(病因・病態生理)
 Ⅱ.診 断
 Ⅲ.疫学・予後
 Ⅳ.治 療
   1.治療に関するアルゴリズム
    2.診断・治療に関するCQ

エビデンスに基づく多発性囊胞腎(PKD)診療ガイドライン2014
  Ⅰ.ADPKD:疾患概念・定義(病因・病態生理)
 Ⅱ.ADPKD:診断
   1.アルゴリズム
    2.診断基準
   3.海外の診断基準との比較
   4.必要な検査
   5.画像診断
   6.鑑別診断
   7.遺伝子診断(遺伝子スクリーニングも含めて)
   8.小児ならびに若年者での画像診断
   9.初発症状
   10.腎症状
 Ⅲ.ADPKD:疫学・予後
 Ⅳ.ADPKD:治療
   1.進行を抑制する治療
   2.合併症とその対策
   3.末期腎不全に対する治療
 Ⅴ.ARPKD:疾患概念・定義(病因・病態生理)
 Ⅵ.ARPKD:診断
   1.診断(症候学・症状・検査所見)
   2.出生前診断
 Ⅶ.ARPKD:疫学・予後
 Ⅷ.ARPKD:治療

索 引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る