臨牀透析 Vol.35 No.5
  • 有料閲覧

臨牀透析 Vol.35 No.5

透析医工学の最前線 日本メディカルセンター 電子版ISSN 2433-247X 電子版発売日 2019年5月13日 ページ数 112 判型 B5 印刷版ISSN 0910-5808 印刷版発行年月 2019年5月

書籍・雑誌概要

透析医工学の最前線
 本号では,これからの透析医療に何が必要で,それに対してどのような技術が利用可能かという観点にスポットを当て,特集とした.

目次

Editorial 峰島三千男
 1.透析医療技術の進歩
 (1)オンラインHDF の現状と展望/友  雅司
 (2)I-HDF の有効性と適応/亀井 大悟 他
 2.透析関連技術の進歩
 (1)血液透析装置標準化の必要性/川西 秀樹
 (2)透析装置の自動化・省力化の最前線/柴田 昌典
 (3)腹膜透析における遠隔医療/小林 広学 他
 (4)透析排液(透析量)-モニタの有効活用/森實 篤司
 (5)レーザ血流計の有効活用/江口  圭 他
 (6)体内水分組成モニタを利用した水分管理/長尾 尋智 他
 (7) 求められる透析液のシステム管理-水処理,水質管理,排水管理など/内野 順司
 (8)透析液成分濃度測定装置の認証制度/小久保謙一 他
 (9)透析部門システムと電子カルテの連携/深津  博
 (10)透析通信共通プロトコル,何ができて何ができないのか/芝本  隆

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

  • 臨牀透析Vol34 No.5 特集 透析患者の体力と認知力を考える-患者と家族が満足するキュアとケア 日本メディカルセンター ISSN 0910-5808
  • 臨牀透析 Vol.34 No.13 腹膜透析患者のキュア&ケアのレベルアップ 日本メディカルセンター ISSN 0910-5808
  • 臨牀透析Vol.31 No.12 特集 透析患者の疲労感 日本メディカルセンター ISSN 0910-5808
  • 臨牀透析Vol.34 No.1 特集 透析患者のがん対策 日本メディカルセンター ISSN 0910-5808
  • 臨牀透析Vol.30 No.06 【特大号】透析関連専門資格に求められるもの・これからの透析医療教育━現状と課題 日本メディカルセンター ISSN 0910-5808
もっと見る