臨牀透析Vol.30 No.06
  • 有料閲覧

臨牀透析Vol.30 No.06

【特大号】透析関連専門資格に求められるもの・これからの透析医療教育━現状と課題 日本メディカルセンター 電子版ISSN 2433-247X 電子版発売日 2017年8月14日 ページ数 126 判型 B5 印刷版ISSN 0910-5808 印刷版発行年月 2014年5月

書籍・雑誌概要

【特大号】透析関連専門資格に求められるもの・これからの透析医療教育━現状と課題
専門医制度を巡る最近の状況を踏まえ、本特集号では「専門制度」を取り上げた。本特集号が、開かれた実りある議論の一助になればと期待している。

目次

■特集 透析関連専門資格に求められるもの・これからの透析医療教育―現状と課題

〔総論〕
Ⅰ.新しい専門医制度の目指すところ 千田 彰一 7
Ⅱ.新たな専門医制度における総合診療専門医 福井 次矢 15
Ⅲ.臨床工学技士が担う分野と専門制度 金子 岩和 21
〔各論/医師〕
Ⅰ.透析専門医制度の概要とその改革 岡田 一義 27
Ⅱ.新専門医制度における透析の専門医教育:将来像と課題 熊谷 裕生 33
Ⅲ.外科系医師と透析専門医:役割と課題 八木澤 隆 41
Ⅳ.小児科系医師と透析専門医:役割と課題 藤丸 拓也他 47
〔各論/看護師:腎不全医療と看護師の専門性〕
Ⅴ.専門看護師のキャリアパス,ワークライフバランス 中野 国枝 55
Ⅵ.透析療法指導看護師 下山 節子 61
Ⅶ.透析看護認定看護師 吉田 澄恵他 69
〔各論/薬剤師〕
Ⅷ.腎臓病薬物療法専門(認定)薬剤師認定制度 平田 純生他 75
〔各論/臨床工学技士〕
Ⅸ.臨床工学技士育成教育と透析医療:現状と課題 丹下 佳洋他 83
Ⅹ.臨床工学技士の卒後教育とキャリアパス 江村 宗郎 89
Ⅺ.透析技術認定士 佐中 孜 95
Ⅻ.日本臨床工学技士会・血液浄化専門臨床工学技士:現状紹介 大石 義英 103

OPINION 東京オリンピック開催決定
―2020年,日本の透析医療はどうなる! 望月 隆弘 5

■連載
忘れがたい症例/
 Pseudoclubbed fingers―初めての副甲状腺摘除術 平方 秀樹 108
症例による透析患者の画像診断/
 EBV 感染による日和見リンパ腫が考えられたHCV 陽性維持透析患者の1例 白井 敦他 111
ケース・スタディ/
 乏尿性急性腎不全に治療抵抗性の血小板減少を合併した高齢男性患者の1例 窪田 研二他 117
〔症例報告〕確実な内服のための介護による介入が治療に大きく貢献した
 認知症透析患者高リン血症の1例 新井 利雄他 125

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

  • 臨牀透析Vol.33 No.06 【特大号】創造する透析医療―新たなmodalityへの期待と課題 日本メディカルセンター ISSN 0910-5808
  • 臨牀透析Vol.31 No.06 【特大号】骨関節障害・CKD-MBDの概念を再考する 日本メディカルセンター ISSN 0910-5808
  • 臨牀透析Vol.32 No.06 【特大号】高齢化のなかでのCKD-MBDにどう対応するか? 日本メディカルセンター ISSN 0910-5808
  • 臨牀消化器内科Vol.30 No.06 特集 胃癌に対するESD・EMRガイドライン―正しい理解・運用の為に 日本メディカルセンター ISSN 0911-601X
  • 臨牀透析Vol.30 No.14 特集 在宅透析2014―HHDとPD 日本メディカルセンター ISSN 0910-5808
  • 臨牀透析Vol.30 No.05 特集 透析治療技術の現状の到達点 日本メディカルセンター ISSN 0910-5808
  • 臨牀透析Vol.30 No.01 【特大号】糖尿病性腎症への進歩した腎代替療法―その標準化と個別化 日本メディカルセンター ISSN 0910-5808
  • 臨牀透析Vol.30 No.09 特集 原疾患と合併症に合わせた透析導入と透析維持 日本メディカルセンター ISSN 0910-5808
  • 臨牀透析Vol.30 No.07 【増刊号】透析患者における感染症対策━標準化と個別化 日本メディカルセンター ISSN 0910-5808
  • 臨牀透析Vol.30 No.11 【特集】CKD看護マネジメント実践マニュアル 日本メディカルセンター ISSN 0910-5808
もっと見る