ワシントンマニュアル 患者安全と医療の質改善
  • 有料閲覧

ワシントンマニュアル 患者安全と医療の質改善

筆頭著者 加藤 良太朗 本田 仁 (監訳) MEDSI 電子版ISBN 978-4-89592-930-1 電子版発売日 2018年12月24日 ページ数 448 判型 A5変 印刷版ISBN 978-4-89592-904-2 印刷版発行年月 2018年5月

書籍・雑誌概要

指導医と研修医のコラボによる、現場で役立つ「医療安全」本

世界で圧倒的な支持を受ける「ワシントンマニュアル」シリーズに「医療安全」が新登場。各章ごとに症例と問いかけを提示して、基本的な考え方から臨床現場での具体的なアプローチ、役立つ情報やツールを簡潔にまとめる。指導医と研修医がペアとなって執筆するシリーズの伝統は健在。ワシントン大学で研鑽を積んだ監訳陣が贈る、日々医療エラーと隣り合わせの医師、看護師におすすめの1冊。

目次

1 患者安全および医療の質改善とは
Section 1 医療の質
2 医療の質改善とは
3 医療システムに高い信頼性を築く
4 質改善と患者安全のためのツール
5 医療の質のモデル
6 責任性と報告
7 医療IT
8 回避可能な傷害
9 医療関連感染症
10 コーディングと診療録記載
Section 2 患者安全
11 患者安全序論
12 安全文化
13 事象分析
14 有害事象と医療エラーの開示:患者・家族・医療従事者支援
15 チームワークとコミュニケーション
16 ヒューマンファクター
17 認知と意思決定
18 患者安全を改善するツール
Section 3 さまざまな医療現場での患者安全
19 手術および手技における領域
20 産科領域における患者安全および医療の質改善プログラムの設置
21 麻酔における患者安全と質改善
22 集中治療
23 救急外来における患者安全
24 小児科における患者安全
25 医学画像
26 外来診療における患者安全と医療の質
27 精神科に関連した患者安全の問題
28 臨床検査,輸血医療,および解剖病理
29 投薬安全性
30 ケアの移行と再入院
31 放射線腫瘍学における患者安全

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る