救急隊員のための救急搬送戦略2
  • 有料閲覧

救急隊員のための救急搬送戦略2

外傷・整形外科編/必発の内科主訴編/困難事例編 筆頭著者 増井 伸高 (著) その他の著者 増井伸高/著 羊土社 電子版ISBN 電子版発売日 2019年6月3日 ページ数 128 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-7581-1842-2 印刷版発行年月 2019年3月

書籍・雑誌概要

救急隊員が搬送現場で“何を考えてどう動くべきか”を解説する実践書の第2弾が登場!一見地味な外傷に麻痺や腹痛,高齢者や急性薬物中毒…といった困難な事例でも,適切な病院へ搬送できるようになる一冊!

目次

はじめに

外傷・整形外科編
第1章 外傷もイケイケ・ドンドンは困らない
第2章 高齢者のナニドコ転落外傷
第3章 軽症妊婦外傷は怪我と胎児,どちらを先に診てもらう?
第4章 骨折の整形外科の業界ルール・いくつ知っていますか?
第5章 どの病院も受けたくない中年の腰痛搬送
第6章 高齢者の腰痛搬送は成人とどこが違うのか?

必発の内科主訴編
第7章 脳卒中の麻痺と,脳卒中以外の麻痺の見分け方
第8章 救命士が酸素投与のエキスパートになる方法
第9章 腹痛の搬送の診断に迷ったら…シンプルルールを利用した搬送戦略

困難事例編
第10章 精神科患者の搬送で,家族の来院が重要なのはなぜ?
第11章 この薬が手帳にあれば要注意~急性薬物中毒~
第12章 アルコール関連が最もプロフェッショナリズムが求められる

付録“救急搬送・戦略図”一覧

おわりに

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る