小児科医宮本先生、ちょっと教えてください!
  • 有料閲覧

小児科医宮本先生、ちょっと教えてください!

教科書には載っていない、小児外来のコツ・保護者への伝え方 筆頭著者 宮本 雄策 (編著) 羊土社 電子版ISBN 電子版発売日 2018年7月23日 ページ数 199 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-7581-1831-6 印刷版発行年月 2018年6月

書籍・雑誌概要

小児外来の極意を伝授!熱性けいれん,喘息,発達障害,母乳育児,不登校など小児科医×家庭医の熱いディスカッションをもとに本音で解説!保護者への説明にも自信がつき信頼度もアップ!診療の合間に気軽に読めます

目次

はじめに【宮本雄策】
企画にあたって【大橋博樹】
プロローグ
第1章 外来でよく出会う疾患・症状に強くなろう!
1.熱性けいれんにジアゼパム坐薬,どうすべき?
2.こどものてんかん 〜基本を学べば怖くない〜
3.「食物アレルギーが心配です…」どう対応する?
4.これって,アトピー性皮膚炎? 〜湿疹をくり返す.適切な対応は?〜
5.「この子は,喘息ですか?」〜どう答える? どう診ていく?〜
6.急性胃腸炎,保護者への指導はどうする? 〜水分摂取のタイミングは? 食事再開はいつから・何を? 〜
7.持続する発熱 〜検査する? どう説明する?〜
8.「風邪薬を飲んでくれません…」〜内服の工夫は? そもそも対症療法は必要?〜
9.便秘の外来フォロー 〜浣腸しても治らない!? 浣腸を嫌がる!? そんなときは…〜
10.夜尿症,治療はどうすべき? 〜大人になれば治る?〜
第2章 こどものさまざまな問題に応えよう!
1.乳幼児の発達の遅れ 〜紹介する? 様子見る?〜
2.体重が増えにくい 〜ミルクを足すべき? 母乳育児を希望していたら?〜
3.発達障害を疑うこどもに,どう対応する?
4.予防接種を拒否する保護者.どう説明する?
5.園医・校医を頼まれたら
6.不登校の子を診るのは苦手です….対応のコツは?
7.育児相談にのろう!
特別編
“家庭医が小児を診る”ということ 〜小児科医が診ることとの違い〜
エピローグ
あとがき
索引
Column
・エビデンスの先にあるもの
・こどもの症候性てんかん
・「こどもを叱ってはいけない」は正しい? 〜しつけの指導〜
・「もしかして虐待かも」と思ったら
・小児科医と良好な関係を保つコツ

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る