胃X線撮影法 虎の巻
  • 有料閲覧
胃癌をしっかり表そう!

胃X線撮影法 虎の巻

撮影手技を基本から応用まで段階的にマスターできる! 筆頭著者 中原 慶太 (編) その他の著者 中原慶太,水町寿伸/編 羊土社 電子版ISBN 電子版発売日 2019年6月3日 ページ数 360 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-7581-1066-2 印刷版発行年月 2019年3月

書籍・雑誌概要

胃癌の正確な診断には,精度の高い画像が必須!
5段階ステップアップ方式で,胃X線撮影技術の基本から応用までマスター!ビギナーからベテランまで役立つ,胃がんをきっちり撮影できるようになる本!

目次

第1章 撮影の極意
1 胃X線検査の到達目標
2 胃X線検査の精度管理
3 胃X線画像精度に影響する因子
4 胃X線撮影法“虎の巻”とは?

第2章 Step 1:撮影に必要な知識をもっている
1 胃の基礎知識(被検者因子)
2 X線透視撮影装置(ハード因子)
3 X線画像診断システム(ハード因子)
4 X線条件設定(ハード因子)
5 X線画像処理(ハード因子)
6 薬剤系の基礎知識(ハード因子)
7 撮影術者系の基礎知識(ソフト因子)
8 撮影技術系の基礎知識(ソフト因子)

第3章 Step 2:NPO基準撮影法を遵守した撮影ができる
1 基準撮影法の概要
2 基準撮影法の実際

第4章 Step 3:標的部位の盲点の少ない撮影ができる
1 胃X線画像精度評価について
2 標的部位の三角:①鮮明度
3 標的部位の三角:②広さ
4 標的部位の三角:③角度
5 胃がんX線検診発見例の検査精度分析

第5章 Step 4:胃形に応じた最適な応用撮影ができる
1 胃形について
2 定形胃の統計学的分析
3 胃形の判定をやってみよう
4 鉤状胃に対する応用撮影
5 下垂胃に対する応用撮影
6 横胃・瀑状屈曲型に対する応用撮影

第6章 Step 5:的確な透視観察と追加撮影ができる
1 透視観察と追加撮影について
2 透視観察の技術的事項
3 追加撮影の技術的事項

第7章 追加撮影の威力
Case 1 任意型施設検診:前庭部後壁病変
Case 2 対策型巡回検診:前庭部後壁病変
Case 3 対策型巡回検診:幽門前部前壁病変
Case 4 対策型施設検診:前庭部前壁病変
Case 5 対策型巡回検診:胃角部前壁病変
Case 6 任意型施設検診:胃角部前壁病変
Case 7 任意型施設検診:体中部後壁病変
Case 8 対策型巡回検診:体上部後壁病変
Case 9 対策型施設検診:体上部後壁病変
Case 10 対策型施設検診:噴門部小彎病変

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る