エキスパートが教える輸液・栄養剤選択の考え方
  • 有料閲覧

エキスパートが教える輸液・栄養剤選択の考え方

メディカルスタッフが知りたかった『なぜ?』 筆頭著者 佐々木 雅也 (監) 羊土社 電子版ISBN 電子版発売日 2020年3月16日 ページ数 256 判型 B6変型 印刷版ISBN 978-4-7581-0909-3 印刷版発行年月 2020年2月

書籍・雑誌概要

メディカルスタッフの現場の「なぜ」がわかる!持ち運びサイズで病態ごとの栄養・経路切り替えの基準を解説し,実際の処方例も交えて輸液・栄養剤選びの実際の考え方が身につく一冊!

目次



第1部 輸液・栄養剤の種類と選び方
1.投与経路選択
2.輸液の種類と選択
3.中心静脈栄養法(TPN)
4.末梢静脈栄養法(PPN)
5.経腸栄養法(EN)

第2部 病態別での選び方と使い方
1.心疾患
2.肝疾患
3.膵疾患
A.急性膵炎
B.慢性膵炎
4.炎症性腸疾患
A.クローン病
B.潰瘍性大腸炎
5.腎臓病
6.周術期
7.消化管術後(短腸症候群)
8.がん(化学療法・放射線療法)
9.重症病態
10.脳血管障害
11.糖尿病
12.慢性閉塞性肺疾患(COPD)
13.褥瘡
14.小児

第3部 ピットフォールの避け方・考え方
静脈栄養におけるピットフォールと対策
1.輸液と薬剤の相互作用
2.ルート確保の注意点
3.脂肪乳剤投与における注意点
4.カテーテル関連血流感染(CRBSI)を防ぐ
5.refeeding症候群
6.静脈栄養と肝障害

経腸栄養におけるピットフォールと対策
7.経腸栄養剤と医薬品との相互作用
8.薬物が栄養に及ぼす影響とその対策
9.Naを補充するときの注意点
10.Kを補充するときの注意点
11.ビタミン不足に関する注意点
12.たんぱく質量を増やしたいときの注意点
13.下痢対策について
14.便秘の場合のピットフォール
15.PEG-Jによる栄養管理ってPEGとは何が違うの?

その他
16.簡易懸濁法の特徴と注意点

付録
索引
執筆者一覧

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る