書籍を検索します。雑誌文献を検索する際には「雑誌文献検索」を選択してください。

検索

カテゴリから選ぶ

メディカルスタッフのための精神医学

メディカルスタッフのための精神医学
本文を見る
  • 有料閲覧

筆頭著者 谷岡 哲也 友竹 正人 安原 由子 大坂 京子 (編集)

徳島大学教授

中外医学社

電子版ISBN

電子版発売日 2020年12月24日

ページ数 301

判型 A5判

印刷版ISBN 978-4-498-07698-3

印刷版発行年月 2020年12月

書籍・雑誌概要

医療系学生に必要とされる今日の精神医学の必須知識を凝縮し,平易に解説した新テキスト.看護師,理学療法士・作業療法士,精神保健福祉士,薬剤師の国家試験出題基準に基づいて,最新かつ必要な精神医学の知識を習得できるように構成している.また,最新の「ICD-11」にも準拠した.重要ポイントをおさえ適宜図表を織り交ぜた解説は,一読すればスッと頭に入っていく.実現場でのより良い医療にも繋がる,頼れる1冊だ.

目次

Ⅰ 精神医学とは〈大森哲郎〉
 1 精神疾患の頻度
 2 症状の特徴
 3 原因について
 4 精神医学の分類
 5 精神医療,精神医学の歴史
 6 精神医学・医療の最近の状況

Ⅱ 精神症状
 1 精神症状〈住谷さつき〉
   1.客観症状と主観症状
   2.意識の障害
   3.記憶の障害
   4.知能の障害
   5.知覚の障害
   6.思考の障害
   7.自我意識の異常
   8.感情の障害
   9.意欲,行動の障害
   10.病識
   11.疎通性
 2 精神状態〈住谷さつき〉
 3 高次脳機能障害〈高瀬憲作〉
   1.高次脳機能障害
   2.大脳半球の優位性と側性化
   3.代表的な高次脳機能障害
   4.行政的な高次脳機能障害

Ⅲ 診察と検査〈中瀧理仁〉
 1 脳と精神機能
   1.神経伝達物質
   2.学習
 2 精神医学的診察法
   1.診察の進め方
   2.面接
   3.精神的現症
   4.身体的現症
   5.診断と状態像の決定
 3 主な精神症状評価尺度
 4 血液検査
 5 生理検査
   1.脳波
   2.睡眠ポリグラフィー
   3.心電図
 6 画像検査
   1.CT
   2.MRI
   3.SPECT
   4.PET
 7 心理検査
   1.検査時の注意点
   2.種類

Ⅳ 治療
A 薬物療法〈沼田周助 大森哲郎〉
 1 薬物療法の意義と役割
   1.精神科治療学のなかの薬物療法
   2.薬物療法導入前の信頼関係樹立の必要性
   3.薬物療法の目的─症状改善と再発予防
   4.薬物療法の実際
   5.薬物の代謝
 2 向精神薬の分類
 3 抗精神病薬
   1.歴史
   2.種類と特徴
   3.適応疾患,適応症状
   4.副作用
   5.抗精神病薬の脳内での作用
 4 抗うつ薬
   1.歴史
   2.抗うつ薬の種類と特徴
   3.適応疾患,適応症状
   4.副作用
   5.薬理作用
 5 気分安定薬
   1.歴史
   2.気分安定薬の種類と特徴
   3.適応疾患,適応症状
   4.副作用
   5.薬理作用
 6 抗不安薬
   1.歴史
   2.抗不安薬の種類と特徴
   3.適応疾患,適応症状
   4.副作用
   5.薬理作用
 7 睡眠薬
   1.睡眠薬の種類と特徴
   2.副作用
 8 抗てんかん薬
   1.抗てんかん薬の種類と特徴
   2.適応疾患,適応症状
   3.副作用
 9 抗認知症薬

B 身体療法〈沼田周助〉
 1 電気けいれん療法
 2 反復経頭蓋磁気刺激療法

C 精神療法〈友竹正人〉
 1 心理的アプローチの分類
 2 病態レベルに応じたアプローチ
 3 主な精神療法

D 精神保健福祉および精神科リハビリテーション
 1 精神科救急医療と精神保健福祉法〈石元康仁〉
   1.精神科救急医療
   2.精神保健福祉法
 2 社会精神医学と地域精神保健福祉〈石元康仁〉
   1.精神保健について
   2.社会と精神医学
   3.精神疾患と精神障害
   4.精神保健の歴史
   5.わが国の地域精神保健福祉施策
 3 心理社会的治療とチームケア
   1.心理社会的治療〈片岡三佳〉
   2.安全な治療環境の提供〈片岡三佳〉
   3.チーム医療およびチームケア〈趙 岳人 後藤崇仁〉
 4 精神科リハビリテーションサービス〈趙 岳人 後藤崇仁〉
   1.精神科リハビリテーションとその歴史
   2.精神科リハビリテーションの目標
   3.精神の障害を抱えた人びとの生活困難の背景
   4.精神科リハビリテーションサービスの具体例
   5.社会復帰,社会参加への支援
   6.精神保健医療福祉に関する社会資源の活用と調整
 5 精神医療福祉とソーシャルサポート〈後藤崇仁 趙 岳人〉
   1.地域生活を支えるための法的根拠およびそのサポート資源の特徴

Ⅴ 精神障害各論
A 器質性精神障害〈木下 誠〉
 1 器質性・症状性精神障害の原因
 2 器質性・症状性精神障害の症状
 3 器質性・症状性精神障害の治療
 4 主な器質性精神障害
 5 主な症状性精神障害

B 物質使用および嗜癖行動による障害〈吉田精次〉
 1 物質使用障害
   1.物質について
   2.用語の説明
 2 物質使用障害各論
 3 嗜癖行動障害
   1.ギャンブル障害
   2.ゲーム障害
 4 物質使用および嗜癖行動による障害の治療について

C 統合失調症と妄想性障害〈富永武男〉
 1 統合失調症
   1.症状
   2.診断
   3.検査
   4.病因
   5.治療
 2 妄想性障害

D 気分障害〈渡部真也〉
 1 病型
 2 症状
 3 病因
 4 診断
 5 治療
 6 経過・予後

E 神経症性障害〈亀岡尚美〉
 1 疾患概念
 2 発症機序
 3 防衛機制
 4 各論
   1.不安または恐怖関連症候群
   2.強迫症または関連症群
   3.ストレス関連症群
   4.解離症群
 5 治療
   1.薬物療法
   2.精神療法

F 生理的障害および身体要因に関連した行動症候群
 1 摂食障害〈友竹正人〉
   1.神経性やせ症
   2.神経性過食症
   3.むちゃ食い症(過食性障害)
   4.その他
 2 睡眠覚醒障害〈梅原英裕〉
 3 産褥に関連した精神障害〈梅原英裕〉

G 成人のパーソナリティおよび行動の障害
 1 特定のパーソナリティ障害〈友竹正人〉
   1.診断
   2.主なパーソナリティ障害
   3.治療
 2 性同一性障害〈中山 浩〉
   1.概念と対応の一般的原則
   2.児童期の対応

H てんかん〈森 健治 森 達夫〉
 1 てんかんの概念・定義
 2 てんかんの有病率,生涯有病率,発病率
 3 てんかんの分類
 4 主要なてんかん症候群
 5 てんかんにみられる精神症状
 6 てんかんの治療
 7 てんかん重積状態とその治療
 8 てんかんの予後

I 児童期の精神障害〈井﨑ゆみ子〉
 1 児童期にみられる精神疾患群

J 神経認知障害〈數井裕光〉
 1 認知症の定義
 2 認知症疾患で認められやすい認知障害
 3 認知症の原因となる疾患

Ⅵ コンサルテーション・リエゾン精神医学〈大田将史〉
 1 概説
 2 コンサルテーション・リエゾン精神医学の例
 3 コンサルテーション・リエゾン精神医学の実施手順

Ⅶ 司法精神医学〈三船和史〉
 1 司法精神医学とは
 2 精神鑑定の種類
 3 刑事精神鑑定
 4 医療観察法と医療観察法鑑定
 5 成年後見制度と民事精神鑑定

Ⅷ 精神障害の将来 遺伝と環境, 研究および治療の展望〈伊賀淳一 上野修一〉
 1 精神障害の遺伝について
 2 精神障害と環境
 3 遺伝と環境の関係について
 4 研究および治療の展望

索 引

書籍・雑誌を共有

ツール

お気に入り登録
書誌情報ダウンロード

関連書籍