必ず読めるようになる医学英語論文
  • 有料閲覧

必ず読めるようになる医学英語論文

究極の検索術×読解術 筆頭著者 康永 秀生 (著) 金原出版 電子版ISBN 978-4-307-80490-5 電子版発売日 2021年4月27日 ページ数 160 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-307-00490-9 印刷版発行年月 2021年4月

書籍・雑誌概要

医学英語論文を読む目的は何か? その一つは、EBMの考え方に基づいてクリニカル・クエスチョンに答え、日常診療に役立てるためであり、もう一つは自ら研究を実践し、学会発表や論文執筆に備えるためである。本書ではPubMedを使った論文の検索方法とともに、斜め読みではなく論文全体を「精読」するために必要となる“予測読み”などの実践的な読解方法を詳細に解説。これから論文を読むすべての臨床家必読の書。

【康永秀生先生 刊行記念 Special Interview】
https://www.youtube.com/watch?v=CkIY1GSLk7E

目次

I 医学英語論文を読む目的
 1 医学・医療の知識を身に付けるには
 2 クリニカル・クエスチョンに答えるために論文を読む
   1. クリニカル・クエスチョンが浮かんだら
   2. EBMとは
   3. EBMを実践する5つの手順
   4. EBMに対する誤解
 3 自ら論文を書くために論文を読む

II 文献検索のスキルアップ
 1 目的に沿った文献検索
   1. ガイドライン作成のための文献検索
   2. 研究者個人が行う文献検索
 2 PubMed検索の基礎知識
   1. 文献データベースの選択
   2. PubMedとは
   3. シソーラスとMeSH
   4. PubMed Advanced Search Builder
 3 PubMed検索の実践
   1.〈実例1〉体幹部外傷の治療
   2.〈実例2〉胃癌の手術
   3. 検索結果の保存
   4. 類似論文と被引用論文
   5. 読者コメントの参照
 4 PubMed Clinical Queries

III 医学英語論文の読み方スキルアップ
 1 論文精読の勧め
   1. 斜め読み厳禁
   2. 精読する時間がないとお嘆きの方へ
 2 速読即解トレーニング
   1. スラッシュ・リーディング
   2. 速読即解のコツ
   3. 音読
   4. わからない単語の意味を類推する
   5. 英英辞典を使う
 3 予測読みの極意
   1. 論文の予測読み
   2. Introductionの予測読み
   3. Methodsの予測読み
   4. Resultsの予測読み
   5. Discussionの予測読み
   6. Abstract再現トレーニング

IV 実践・臨床研究論文の読み方
 1 論文報告ガイドライン
 2 RCT論文の読み方
   1. RCTとCONSORT声明
   2. Title/Abstract
   3. Introduction
   4. Methods
   5. Results
   6. Discussion
 3 観察研究論文の読み方
   1. 観察研究とSTROBE声明
   2. Title/Abstract
   3. Introduction
   4. Methods
   5. Results
   6. Discussion

資料 医学英語論文読解に役立つ疫学・統計基礎用語集
 1 研究デザインと報告ガイドライン
 2 ランダム化比較試験に関連する用語
 3 観察研究に関連する用語
 4 疫学・統計の基礎用語

コラム
・SNSで医学知識を身に付ける?
・製薬会社が提供する食事が医師の行動変容を起こす
・パラシュートの効果を検証したランダム化比較試験
・Cochrane Library
・Core clinical journals
・Google Scholarの使い方
・Google翻訳の実力
・この処置は全くのルーチン・ワークです
・NEJM、Lancetの面白さ
・休日・夜間の論文投稿
・エビデンスの有効期限
・STROBEの遵守率

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る