精巣腫瘍取扱い規約 第4版
  • 有料閲覧

精巣腫瘍取扱い規約 第4版

筆頭著者 日本泌尿器科学会 日本病理学会 日本医学放射線学会 日本臨床腫瘍学会 (編) 金原出版 電子版ISBN 978-4-307-83061-4 電子版発売日 2018年10月15日 ページ数 152 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-307-43061-6 印刷版発行年月 2018年7月

書籍・雑誌概要

13年振りに病期分類、病理組織分類、治療効果判定を大改訂。

目次

総説
1 目的
2 対象

第1部 臨床的事項
A.病歴記載法
 1 個人識別に必要な事項の記載法
 2 臨床症状の記載法
B.臨床所見記載法
 1 身体所見
 2 受診時の一般全身状態
 3 血液、生化学的検査および精液検査
 4 画像診断
 5 高位精巣摘除術の取扱い
C.臨床(術前)診断の総合評価
 1 治療前臨床病期分類
 2 TNM分類(UICC)
 3 TNM臨床病期分類
 4 日本泌尿器科学会病期分類
 5 IGCCC(International germ cell consensus classification)
 6 サルベージ療法開始前の予後評価(IGCCC2)
 7 性腺外胚細胞腫の疫学と診断
D.治療方法の記載法
 1 手術療法
 2 化学療法
 3 放射線療法

第2部 病理学的事項
1 基本方針
2 検索材料の由来および施行された治療
3 検索材料の取扱いおよび検索方法
4 組織分類
5 組織分類の説明
6 pTNM病理組織学的分類
7 報告書記載例
8 病理組織写真

第3部 治療効果判定基準
A.治療効果の判定
 1 治療効果判定法
 2 ベースライン(治療前)での評価
 3 効果判定とその方法
 4 時点効果Time point responseの判定
 5 最良総合効果判定
 6 効果判定の頻度
 7 確定のための測定/奏功期間
 8 無増悪生存期間/無増悪生存割合
 9 最良総合効果に関する結果の報告
B.組織学的治療効果判定基準
 1 検索材料
 2 判定基準分類
C.QOL
D.Follow-up基準
E.転帰記載法
F.治療成績の集計方法

第4部 有害事象
A.有害事象記載法
B.早期有害事象
C.晩期有害事象

資料1 生活の質調査票 EORTC QLQ-C30
資料2 生活の質調査票 EORTC QLQ-TC26
資料3 化学療法有害事象(早期および晩期):有害事象共通用語V4.0 日本語訳JCOG版(CTCAE v4.0-JCOG)(抜粋)
資料4 放射線療法有害事象(早期および晩期):有害事象共通用語V4.0 日本語訳JCOG版(CTCAE v4.0-JCOG)(抜粋)
資料5 RTOG/EORTC 遅発性放射線反応評価基準(日本語訳JCOG版第2版)(抜粋)

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る