すぐに使える痛みの漢方診療ハンドブック
  • 有料閲覧

すぐに使える痛みの漢方診療ハンドブック

現代に合わせた本格的な漢方薬の応用-病態と漢方薬の特性を捉える 筆頭著者 世良田 和幸 中西 美保 平田 道彦 (著) 南江堂 電子版ISBN 978-4-524-22731-0 電子版発売日 2019年9月2日 ページ数 192 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-524-25258-9 印刷版発行年月 2019年7月

書籍・雑誌概要

痛み治療の観点から、漢方薬の作用の方向性を正しく掴めるよう、漢方薬の特徴を明確に図表で表し、関連処方が比較・検討できる。現代医学の診療にも有用である“漢方の診断学”が理解でき、西洋医学との橋渡し的な思考が見えるようになる。痛みの漢方治療を始めたい医師・慢性疼痛に携わる医師必携の一冊。

目次

【内容目次】
第1部 痛みに対する漢方治療の実際
 1.全身にみられる痛み
  1.帯状疱疹関連痛
  2.末梢神経障害性疼痛
  3.脳血管障害後の痛み
  4.線維筋痛症
  5.関節リウマチ
 2.頭痛(風邪などによる頭痛,片頭痛,緊張性頭痛,群発頭痛,脳脊髄液減少症)
  1.環境要因による頭痛(外因頭痛)
  2.身体の異常による頭痛(内因頭痛)
 3.顔面痛
  1.三叉神経痛
  2.顎関節症
  3.非定型顔面痛
  4.舌痛症
 4.頚肩上肢痛
  1.頚椎症,頚椎椎間板ヘルニア
  2.外傷性頚部症候群
  3.肩関節周囲炎
 5.胸背部痛
  1.肋間神経痛
  2.脊椎圧迫骨折
  3.開胸術後症候群
 6.腰下肢痛
  1.急性の腰痛
  2.慢性の腰下肢痛
  3.脊柱管狭窄症
  4.椎間関節症
  5.腰椎手術後の慢性腰痛
  6.仙腸関節痛
  7.股関節痛
  8.膝関節痛・足関節痛
  9.足底部痛
 7.肛門部,会陰部の痛み
  1.肛門部痛
  2.会陰部痛
 8.月経関連痛,更年期障害
  1.月経前症候群(PMS)
  2.月経困難症
  3.更年期障害
 9.心因性疼痛
第2部 総論
 1.痛みの漢方治療の基本
 2.漢方医学特有の概念・評価尺度
 3.診断
付録 痛みに対する漢方薬.使い方のヒント.
付録 薬剤・エキス製剤一覧表
索引

WEB動画タイトル一覧
 動画:加味逍遙散の舌
 動画:舌の白膩苔
 動画:治打撲一方の圧痛点
 動画:葛根湯の圧痛点
 動画:腎虚の顔色・舌
 動画:四逆散の舌
 動画:抑肝散の舌

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る