さてどうしよう?に答えるB型肝炎治療30の方針
  • 有料閲覧

さてどうしよう?に答えるB型肝炎治療30の方針

ガイドライン準拠 筆頭著者 田中 篤 (著) 帝京大学医学部内科学講座 教授 南江堂 電子版ISBN 978-4-524-24849-0 電子版発売日 2018年8月6日 ページ数 144 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-524-24539-0

書籍・雑誌概要

治療介入のタイミングから薬剤の選択、治療目標の設定、重症化やウイルス再活性化の場合など、判断に悩む場面の多いB型肝炎治療において30の方針を明快に提示。第1章では基本的知識をQ&A形式で解説。第2章ではCASEごとに、ガイドラインに基づく最新の治療内容を示す。随所に「選択・判断のポイント」を記載して、根拠を明示。また、背景の基本知識は第1章のリンク先に当たることができる。現場の「こんなときどうする?」に即答える、“わかりやすく、最新の内容が学べるB型肝炎治療本”の決定版!

目次

【内容目次】
口絵
第1章 ~キホンをおさえる~B型肝炎Q&A
 A そもそもの・・・疫学
  Q1.そもそも,B型肝炎ウイルスとは?
  Q2.乳幼児感染後にたどる経過は?
  Q3.乳幼児感染を防ぐために何をすべきか?
  Q4.ユニバーサルワクチンとは?
  Q5.成人感染後にたどる経過は?
  Q6.B型急性肝炎発症後の経過は?
  Q7.劇症肝炎とは?その定義・成因は?
  Q8.B型肝炎ウイルスの“再活性化”とは?
  Q9.再活性化を予防するにはどうする?
  Q10.B型慢性肝炎での発癌リスクは何だろう?
 B 治療を始める前に
  Q11.どんなHBVキャリアが治療適応になる?
  Q12.HBVキャリアの治療目標は何か?
  Q13.HBs抗原とは?
  Q14.HBs抗原の試薬はどう違うのか?
  Q15.HBs抗体・HBc抗体とは?
  Q16.HBe抗原陽性・陰性の違いは?
  Q17.HBV DNA量とは?その測定法は?
  Q18.HBV DNA量の表記にはどんな変遷があるか?
  Q19.HBコア関連抗原とは?
 C 各治療薬を知る
  Q20.Peg-IFNとは?
  Q21.核酸アナログとは?
  Q22.Peg-IFNと核酸アナログはどう違うのか?
  Q23.Peg-IFNの治療成績は?
  Q24.Peg-IFNで注意すべき副作用は?
  Q25.核酸アナログ各製剤の特徴は?
  Q26.核酸アナログの治療成績は?
  Q27.核酸アナログで注意すべき副作用は?
  Q28.核酸アナログの“薬剤耐性”ってどういうこと?
  Q29.核酸アナログを中止する必要条件と中止後の再燃リスクは?
  Q30.核酸アナログはどのようなときに変更する必要があるか?
第2章 Caseで学ぶB型肝炎治療
 A 治療介入のタイミング
  Case1.“無症候性キャリア”って何?治療は必要?
  Case2.無症候性キャリアが肝炎を発症したら?
  Case3.1回診ただけで,非活動性キャリアと診断しても大丈夫?
  Case4.肝生検が必要なのはどんな場合?
  Case5.慢性肝炎の治療が必要!(1)~まずはどうする?~
  Case6.慢性肝炎の治療が必要!(2)~核酸アナログ,どれを使う?~
  Case7.肝硬変の治療が必要!~治療方針はどうする?~
  Case8.核酸アナログの中止後,また肝炎が再燃した!
  Case9.急性肝炎にはどう対応する?
  Case10.劇症肝炎疑いの患者が来た!
  Case11.再活性化予防を他科から相談されたら
 B 治療中に考えるべきこと
  Case12.Peg-IFNの治療効果があまりみられないが・・・
  Case13.LAM単剤が効いている場合どうする?
  Case14.LAM単剤が効いていない場合どうする?
  Case15.ETV単剤が効いている場合どうする?
  Case16.ETV単剤が効いていない場合どうする?
  Case17.TDF単剤が効いている場合どうする?
  Case18.TDF単剤が効いていない場合どうする?
  Case19.TAF単剤が効いている場合どうする?
  Case20.TAF単剤が効いていない場合どうする?
  Case21.LAM+ADV併用が効いている場合どうする?
  Case22.LAM+ADV併用が効いていない場合どうする?
  Case23.その他の併用治療はどうする?
 C 特殊なケース
  Case24.非代償性肝硬変!核酸アナログはもう使えない?
  Case25.核酸アナログ治療で発癌リスクは本当に減る?ゼロになる?
  Case26.「核酸アナログ治療をやめたい!」と言われたら
  Case27.妊娠したHBVキャリアが紹介されてきたら
  Case28.HCVにも感染している!治療はどうする?
  Case29.HIVにも感染している!治療はどうする?
  Case30.腎機能障害・透析中の患者にはどう対応する?
索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

  • ガイドライン準拠 C型肝炎治療Q&A 田中 篤 (編集) 南山堂 ISBN 978-4-525-25541-1
  • “どうすればよいか?に答える” せん妄のスタンダードケア Q&A 100 酒井 郁子 (編) 南江堂 ISBN 978-4-524-26902-0
  • ガイドライン2015準拠 新生児蘇生法NCPR もっと早く!人工呼吸を確実に成功させるためにできること 水本 洋 (著) 南山堂 ISBN 978-4-525-28171-7
  • 咳の診かた、止めかた ガイドラインだけではわからない日常診療の疑問に答えます! 藤森 勝也 (編) 羊土社 ISBN 978-4-7581-1795-1
  • ≪精神科臨床エキスパート≫ 依存と嗜癖 どう理解し,どう対処するか 和田 清 (編) 医学書院 ISBN 978-4-260-01795-4
もっと見る