心疾患と妊娠・出産ベストプラクティス
  • 有料閲覧

心疾患と妊娠・出産ベストプラクティス

筆頭著者 赤木 禎治 伊藤 浩 (編) 南江堂 電子版ISBN 978-4-524-23256-7 電子版発売日 2021年8月2日 ページ数 220 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-524-22806-5 印刷版発行年月 2021年6月

書籍・雑誌概要

日本循環器学会/日本産科婦人科学会合同「心疾患患者の妊娠・出産の適応,管理に関するガイドライン(2018年改訂版)」の作成メンバーを中心とした執筆陣により,苦慮する点,実際の管理・治療方法,コツや工夫など,ガイドラインでは触れられていない,より実臨床に沿ったレベルまでわかりやすく解説.参考になる症例も提示し,心疾患患者の妊娠・出産の管理と治療に自信が持てる1冊.

目次

【内容目次】
第1章 妊娠と出産は循環系にどのような影響を与えるのか
 1 妊娠・分娩の循環生理を理解する
 2 心疾患患者の妊娠リスク評価
 3 遺伝カウンセリングと社会心理学的ケアの実際
 4 妊娠が心疾患に与える長期的影響を考える
 5 妊娠中の血行動態評価と方針決定の基準
 6 胎児発育評価と出生前診断
 7 心疾患患者に適した避妊法
 8 心疾患患者への生殖医療
第2章 妊娠・出産を支える
 1 妊娠中の心不全治療
 2 妊娠中の不整脈治療
 3 妊娠中の高血圧管理
 4 妊娠中の抗凝固療法
 5 感染性心内膜炎の予防と治療
 6 妊娠中の手術・カテーテル治療
 7 分娩のタイミング
 8 分娩時の麻酔管理
 9 分娩後の管理~授乳は可能か?~
 10 妊娠中・授乳期の薬物療法~知っておくべき可と不可~
 11 望ましい施設基準~心疾患の重症度と管理施設~
第3章 妊娠・出産管理の要点:心疾患別
 1 先天性心疾患
 2 肺高血圧症合併妊娠の管理
 3 弁膜症
 4 大動脈疾患
 5 心筋症と妊娠・出産(周産期心筋症を含む)
 6 虚血性心疾患(川崎病を含む)
索引 

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る