理系のための知的財産権
  • 有料閲覧

理系のための知的財産権

筆頭著者 服部 誠 (著) 阿部・井窪・片山法律事務所 弁護士・弁理士 その他の著者 黒田 薫 著 南山堂 電子版ISBN 978-4-525-98311-6 電子版発売日 2019年9月2日 ページ数 141 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-525-03031-5 印刷版発行年月 2019年8月

書籍・雑誌概要

理系の研究者が自身の成果を守るとき,他者の知恵を借りるとき,著作権・特許権などの「知的財産権」は常につきまとう.そして,一つひとつを正しく理解していなければ,誰でも不正と認定される恐れのある重要な問題である.理系研究者が知っておかなければならない知財のポイントを,図表と具体的判例によりわかりやすく解説した一冊.

目次

■第1章 著作権 (服部 誠)
 1.著作権の客体 ─著作物性─
 2.著作権の内容 ─著作財産権と著作者人格権─
 3.著作権の享有主体
 4.著作権の制限
 5.著作権の活用
 6.著作権侵害と救済手段

■第2章 特許権 (黒田 薫)
 1.特許制度の意義
 2.特許出願書類
 3.特許要件
 4.特許取得手続
 5.特許権の効力
 6.特許権侵害と救済手段
 7.職務発明
 8.延長登録制度
 9.先発医薬品と後発医薬品

■第3章 その他の知的財産権 (黒田 薫)
 1.実用新案権
 2.意匠権
 3.商標権
 4.不正競争防止法

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌