ポジティブな出産体験のための分娩期ケア
  • 有料閲覧
WHO推奨

ポジティブな出産体験のための分娩期ケア

筆頭著者 分娩期ケアガイドライン翻訳チーム (訳) 医学書院 電子版ISBN 978-4-260-64197-5 電子版発売日 2021年4月26日 ページ数 264 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-260-04197-3 印刷版発行年月 2021年3月

書籍・雑誌概要

あの正常出産ガイドライン「WHOの59カ条」が、「推奨項目56」に刷新された。原著“WHO Recommendations:intrapartum care for a positive childbirth experience”は、WHOがGRADEアプローチを採用し、22年ぶりに改訂。本書はその翻訳本。推奨項目に沿った女性中心のケアを提供することで、産婦はポジティブな出産が体験できる。

目次

訳者一覧
日本語版推薦のことば
日本語版発刊に寄せて
訳者まえがき

謝辞
ガイドライン作成に携わった外部専門家とWHO職員

1章 要約

2章 方法
 2.11 推奨項目の作成

3章 推奨項目とエビデンス
 3.1 分娩全体にわたって行われるケア
  3.1.1 産婦を尊重したケア(推奨項目1)
  3.1.2 効果的なコミュニケーション(推奨項目2)
  3.1.3 出産中の付き添い(推奨項目3)
  3.1.4 継続ケア(推奨項目4)
 3.2 分娩第1期
  3.2.1 分娩第1期潜伏期と活動期の定義(推奨項目5)
  3.2.2 分娩第1期の所要時間(推奨項目6)
  3.2.3 分娩第1期の進行(推奨項目7~9)
  3.2.4 出産のための入院基準(推奨項目10)
  3.2.5 入院時の骨盤計測(推奨項目11)
  3.2.6 入院時の慣例的な胎児のウェルビーイング評価(推奨項目12,13)
  3.2.7 会陰部または陰部の剃毛(推奨項目14)
  3.2.8 入院時の浣腸(推奨項目15)
  3.2.9 内診(推奨項目16)
  3.2.10 出産中の継続的な胎児心拍数陣痛モニタリング(CTG)(推奨項目17)
  3.2.11 出産中の胎児心拍数の間欠的聴診(推奨項目18)
  3.2.12 痛みの緩和を目的とした硬膜外麻酔の使用(推奨項目19)
  3.2.13 痛みの緩和を目的としたオピオイド系鎮痛薬の使用(推奨項目20)
  3.2.14 痛みの緩和を目的としたリラクゼーションの技法(推奨項目21)
  3.2.15 痛みの緩和を目的とした手技(推奨項目22)
  3.2.16 分娩遷延の予防を目的とした産痛緩和(推奨項目23)
  3.2.17 飲水と飲食(推奨項目24)
  3.2.18 産婦の姿勢や動き回ること(推奨項目25)
  3.2.19 腟の洗浄(推奨項目26)
  3.2.20 分娩の積極的管理(推奨項目27)
  3.2.21 慣例的な人工破膜(推奨項目28)
  3.2.22 早期の人工破膜とオキシトシン投与(推奨項目29)
  3.2.23 硬膜外麻酔を使用している産婦へのオキシトシン投与(推奨項目30)
  3.2.24 抗けいれん薬の投与(推奨項目31)
  3.2.25 分娩遷延を予防するための静脈内輸液(推奨項目32)
 3.3 分娩第2期
  3.3.1 分娩第2期の定義と所要時間(推奨項目33)
  3.3.2 硬膜外麻酔を使用していない産婦の分娩体位(推奨項目34)
  3.3.3 硬膜外麻酔を使用している産婦の分娩体位(推奨項目35)
  3.3.4 いきみ方(努責の方法)(推奨項目36)
  3.3.5 硬膜外麻酔を使用している産婦のいきみ方(努責の方法)(推奨項目37)
  3.3.6 会陰の創傷予防の手技(推奨項目38)
  3.3.7 会陰切開の方針(推奨項目39)
  3.3.8 子宮底の圧迫(推奨項目40)
 3.4 分娩第3期
  3.4.1 子宮収縮薬の予防的な投与(推奨項目41~43)
  3.4.4 臍帯遅延結紮(臍帯結紮を遅らせること)(推奨項目44)
  3.4.6 臍帯牽引(推奨項目45)
  3.4.7 子宮底マッサージ(推奨項目46)
 3.5 新生児のケア
  3.5.1 慣例的な鼻腔や口腔の吸引(推奨項目47)
  3.5.2 早期母子接触(推奨項目48)
  3.5.3 母乳育児(推奨項目49)
  3.5.4 出血性疾患の予防のためのビタミンK投与(推奨項目50)
  3.5.5 沐浴とその他の出生直後の新生児ケア(推奨項目51)
 3.6 産後早期の褥婦のケア
  3.6.1 子宮の硬さの評価(推奨項目52)
  3.6.2 合併症なく経腟分娩をした褥婦への抗生物質の投与(推奨項目53)
  3.6.3 会陰切開を受けた褥婦への慣例的な抗生物質の予防的投与(推奨項目54)
  3.6.4 定期的な産後の母体評価(推奨項目55)
  3.6.5 合併症のない経腟分娩後の退院(推奨項目56)

4章 本ガイドラインの実施:WHO分娩期ケアモデルの導入

5章 研究への示唆

6章 普及

7章 適応性についての課題
 7.1 本ガイドラインが分娩期ケアの構成に与える影響の予測
 7.2 ガイドラインによる影響のモニタリングと評価

8章 ガイドラインの更新

9章 文献

付録 用語解説
訳者あとがき
索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る