小児診療×抗菌薬のエビデンス
  • 有料閲覧
Dr.KIDの

小児診療×抗菌薬のエビデンス

筆頭著者 宮入 烈 (監) その他の著者 大久保 祐輔/宇田 和宏 医学書院 電子版ISBN 978-4-260-64164-7 電子版発売日 2020年5月18日 ページ数 256 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-260-04164-5 印刷版発行年月 2020年4月

書籍・雑誌概要

風邪に抗菌薬は必要ないと知りながら、つい抗菌薬を処方してしまう…このように、日本の抗菌薬の適正使用は世界最低のレベルにある。本書は、小児感染症と疫学領域を融合させながら、日本を代表するデータベースを用いて、小児の抗菌薬処方パターンを分析し、問題点をあぶり出している。Twitterやブログで活躍中のDr.KIDがより良い診療に向けた抗菌薬使用の考え方を提言。統計学や疫学の知識もわかりやすく解説。

目次

1 世界からみた日本の抗菌薬の使用状況
 薬剤耐性菌は世界的な問題
 日本国内の抗菌薬の不適切使用と過剰使用
 column 疫学教室 抗菌薬の使用量をどうやって国際比較するのか?
2 世界からみた日本の小児の抗菌薬の使用状況
 国際比較と国内のビッグデータからみた,日本の小児の抗菌薬の使用状況
 column 疫学教室 JMDCとNDB/DPC,GeneralizabilityとTransportability
3 不適切な抗菌薬を処方する理由と各国の抗菌薬適正使用の試み
 医師が抗菌薬を過剰にor不適切に処方する理由
 column 疫学教室 疫学用語を正しく用いていますか?
4 小児の急性上気道炎と抗菌薬
 NDBとJMDCデータからみた,急性上気道炎に対する小児の抗菌薬の使用状況
 column 疫学教室 因果関係とは何か?
5 小児の溶連菌感染症と抗菌薬
 国内のレセプトデータからみた,A群溶血性レンサ球菌感染症に対する
    小児の抗菌薬の使用状況
 column 疫学教室 情報バイアス─3つのバイアス①
6 小児のマイコプラズマ感染症と抗菌薬
 DPCデータからみた,マイコプラズマ感染症に対する小児の抗菌薬の使用状況
 column 疫学教室 交絡─3つのバイアス②
7 小児の急性胃腸炎と抗菌薬
 NDBとJMDCデータからみた,急性胃腸炎に対する小児の抗菌薬の使用状況
 column 疫学教室 選択バイアス─3つのバイアス③
8 小児の下気道感染症と抗菌薬
 NDBからみた,急性気管支炎・肺炎に対する小児の抗菌薬の使用状況
 column 疫学教室 P値と95%信頼区間
9 小児のインフルエンザ感染症と抗インフルエンザ薬
 入院データからみた,インフルエンザに対する小児の抗菌薬の使用状況
 column 疫学教室 P値とダイコトマニア
10 小児の急性中耳炎と抗菌薬
 NDBからみた,中耳炎に対する小児の抗菌薬の使用状況
 column 疫学教室 P-valueとS-value
11 小児の皮膚感染症と抗菌薬
 NDBからみた,皮膚感染症に対する小児の抗菌薬の使用状況
 column 疫学教室 E-value

索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る