“問診力”で見逃さない神経症状
  • 有料閲覧
≪ジェネラリストBOOKS≫

“問診力”で見逃さない神経症状

筆頭著者 黒川 勝己 (他著) その他の著者 園生 雅弘 医学書院 電子版ISBN 978-4-260-63679-7 電子版発売日 2019年11月25日 ページ数 150 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-260-03679-5 印刷版発行年月 2019年10月

書籍・雑誌概要

神経疾患の詳しい知識がなくても、神経学的診察が苦手でも、“問診だけ”で鑑別疾患はここまで絞り込める! 『週刊医学界新聞』の好評連載が待望の書籍化。「頭痛」「めまい」「しびれ」「意識消失」などよく診る神経症状について、Common(一般的)な疾患を見分け、Critical(重篤)な疾患を見逃さない“問診力”が身につく1冊。
*「ジェネラリストBOOKS」は株式会社医学書院の登録商標です。

目次



第1章 総論
 非専門医が神経症状を診るために必要なスキルとは?
 コモンな症状を診るための“問診力”とは?

第2章 よく診る症状別症例集
 頭痛
  症例1:締め付けられるような頭痛
   Qその1 「頭痛が起こった瞬間,何をしていましたか?」
   Qその2 「このような頭痛は初めてですか?」
  症例2:視界がキラキラする頭痛
   Qその1 「頭痛が起こった瞬間,何をしていましたか?」
   Qその2 「これまでの頭痛と同じですか?」
   Qその3 「キラキラは頭痛の前に起こりましたか?」
  症例3:頭が重い感じのする頭痛
   Qその1 「動いていると頭痛がひどくなって困りますか?」
   Qその2 「吐気はありますか?」
   Qその3 「光が眩しいと感じたり,音がうるさいと感じたりしますか?」
  症例4:片側のみの頭痛
   Qその1 「ずきっとする痛みが,短時間,間欠的にきませんか?」
   Qその2 「目の奥が痛んで,じっとしていられないほどですか?」
 めまい
  症例5:繰り返すめまい
   Qその1 「じっとしていても,30分間ずっとめまいが続いたのですか?」
   Qその2 「めまいの最中,顔がしびれていましたか?」
  症例6:ぐるぐる回るめまい
   Qその1 「これまでに同じようなめまいはありましたか?」
   Qその2 「どういう状況でめまいが起きましたか?」
  症例7:数年前からのめまい
   Q 「頭痛はありませんか?」
  症例8:意識が遠のくようなめまい
   Qその1 「どのような状況で意識を失ったのですか?」
   Qその2 「動悸がしたり,胸が痛かったりしませんでしたか?」
 しびれ
  症例9:ビリビリするしびれ(1)
   Qその1 「しびれて動かしにくく感じますか,感覚が鈍っていますか,
          それともジンジン・ビリビリしますか?」
   Qその2 「しびれはどんなときにひどく/軽くなりますか?
          起床時はどうですか?」
  症例10:感覚が鈍い感じのしびれ
   Qその1 「いつしびれに気づきましたか?」
   Qその2 「顔にしびれはないですか?」
   Qその3 「背中の痛みやこりはないですか?」
  症例11:ビリビリするしびれ(2)
   Q 「少し前に風邪をひいたり,あるいは下痢をしたりしたことは
       ありませんか?」
 一過性意識消失
  症例12:繰り返す意識消失
   Qその1 「明らかなけいれんはありましたか?」
   Qその2 「発作中,目は開いていましたか?」
  症例13:一瞬の意識消失
   Q 「急に体がぴくついたり,物を落としたりすることはありませんか?」
 その他の症状
  症例14:筋収縮と弛緩を繰り返す(間代性)けいれん
   Q 「症状の変動はありませんか?」
  症例15:足を反らせない(下垂足)
   Q 「右足は歩き始めから反れなかったのですか?
       歩いている途中から反れなくなりましたか?」
  症例16:足をひきずる(歩行困難)
   Qその1 「症状はどのように起こりましたか?」
   Qその2 「症状の程度は同じですか?」
  症例17:急に進行するもの忘れ
   Q 「状態がよい日と悪い日がありますか?」
  症例18:もの忘れのある患者のけいれん
   Qその1 「寝ながら大声を出したりしませんか?」
   Qその2 「幻をみたりしませんか?」
  症例19:体重減少
   Q 「体のどこかで,筋肉がぴくぴくすることはありますか?」
  症例20:疲れやすい
   Qその1 「力の入りにくさは,休むとすぐに回復しますか?」
   Qその2 「症状は朝方からありますか?」

索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る