介護するからだ
  • 有料閲覧
≪≪シリーズ ケアをひらく≫≫

介護するからだ

筆頭著者 細馬 宏通 (著) 医学書院 電子版ISBN 978-4-260-62802-0 電子版発売日 2016年9月5日 ページ数 288 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-260-02802-8 印刷版発行年月 2016年6月

書籍・雑誌概要

目利きで知られる人間行動学者が、ベテランワーカーの「神対応」をビデオで分析してみると……そこにあったのは“かしこい身体”だった! ケアの現場が、ありえないほど複雑な相互作用の場であることが分かる「驚き」と「発見」の書。なぜ真似で関係が動き出すのか、延長ジェスチャーとは何か、ズレと転用のテクニックはどう使われるのか、そしてマニュアルがなぜ現場で役に立たないのか——。暗黙知を言語化するとこうなる。

目次

はじめに

1 動きをつくる動き
 真似で関係が動き出す
 視界の介護?
 並んでだったらできる
 声と動作はシンクロする
 裏切りの動きに乗せられて
 得意技で時間を動かす
 「よいしょ」の謎
 差異の感覚が声をつくる

2 かしこい身体に気づく
 しぐさは忘れない
 「聞く」という表現
 タイミングで会話する
 ずれているからうまくいく
 三角の仕立て職人
 不思議な拍手
 ことばにされないルール

3 カンファレンスという劇場
 日誌が閉じられるとき
 ジェスチャーは終わらない
 空中に書く共同ノート
 オノマトペが呼び招く
 場所が記憶を持っている
 そこに居るのは誰?

4 環境に埋め込まれた記憶
 洗濯物は難しい
 「家らしさ」はどこから来るか
 立派なおくどさん
 フードコートの晩餐会

5 音楽が動きをひらく
 語りと歌のあいだ
 三橋美智也、畏るべし
 真似から即興へ
 ルール自体を即興する
 その先のヘイ・ジュード

6 持続と変奏-彼らのやり方
 スリッパという曲芸
 ポテトとポッキー
 畑を耕すように描く人
 形に「時間」が潜んでいる
 「にっき」を書く人、「日記」にする人

7 心ない心理学へ
 ナマの相互行為を見る方法
 テレビとのたたかい
 人に「心」はあるか
 「メディアの等式」と介護ロボット
 「心の理論」と身構え

終章 なぜあの人は「できる」のか
 1 スリップ(間違い)にヒントがある
 2 スリップを開いてつながるために
 3 まずは注意の獲得、そして「粘り強さ」
 4 一ではないところからやり直す-会田さんのベッド介助
 5 拒否の手前で動き直す-滝井さんの食事介助
 6 身体で示し合う-藤田さんの延長ジェスチャー
 7 「開き続けている身体」を発見し、再調整する

あとがき

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る