驚きの介護民俗学
  • 有料閲覧
≪シリーズ ケアをひらく≫

驚きの介護民俗学

筆頭著者 六車 由実 (著) 医学書院 電子版ISBN 978-4-260-61549-5 電子版発売日 2016年6月20日 ページ数 240 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-260-01549-3 印刷版発行年月 2012年3月

書籍・雑誌概要

『神、人を喰う』でサントリー学芸賞を受賞した気鋭の民俗学者は、あるとき大学をやめ、老人ホームで働きはじめる。そこで出会った「忘れられた日本人」たちの語りに身を委ねていると、やがて目の前に新しい世界が開けてきた……。「事実を聞く」という行為がなぜ人を力づけるのか。聞き書きの圧倒的な可能性を活写し、高齢者ケアを革新する話題の書。

目次

 はじめに

第一章 老人ホームは民俗学の宝庫
 「テーマなき聞き書き」の喜び
 老人ホームで出会った「忘れられた日本人」
 女の生き方
第二章 カラダの記憶
 身体に刻み込まれた記憶
 トイレ介助が面白い
第三章 民俗学が認知症と出会う
 とことんつきあい、とことん記録する
 散りばめられた言葉を紡ぐ
 同じ問いの繰り返し
 幻覚と昔話
第四章 語りの森へ
 「回想法ではない」と言わなければいけない訳
 人生のターミナルケアとしての聞き書き
 生きた証を継承する-『思い出の記』
 喪失の語り-そして私も語りの樹海〈うみ〉に飲み込まれていく
終章 「驚けない」現実と「驚き続ける」ことの意味
 驚き続けること
 驚きは利用者と対等に向き合うための始まりだ

 おわりに

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る