トライ! 看護にTBL
  • 有料閲覧

トライ! 看護にTBL

チーム基盤型学習の基礎のキソ 筆頭著者 五十嵐 ゆかり (編著) その他の著者 飯田 真理子/新福 洋子 医学書院 電子版ISBN 978-4-260-62426-8 電子版発売日 2016年6月6日 ページ数 160 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-260-02426-6 印刷版発行年月 2016年1月

書籍・雑誌概要

看護教育にTBL(Team-Based Learning:チーム基盤型学習)を取り入れる際の準備、授業設計の流れなど、TBLを用いた授業のノウハウがこの1冊に。教材作成の工夫やファシリーテーションのコツ、ガイダンスで使える資料まで、実践に役立つ情報が満載。さらに、海外研究や受講した学生の声も紹介し、TBL学習の効果もわかる。

目次

本書の使い方

第1章 TBLを知る
 1.TBLとはどんな学習方法でしょうか?
 2.医療系教育のアクティブ・ラーニング
 3.TBLが医療系の教育に適する理由
 4.TBLにおける基本的な用語
 5.TBLの学習の流れを知ろう

第2章 TBLを科目に取り入れる
 1.TBLの必須4原則
 2.TBL導入の手がかり
 3.TBLユニットを設計する
 4.必要な物品/環境を用意する
 5.チームを編成する
 6.アピールの時間について
 7.ピア評価の考え方
 8.ファシリテーターの準備とファシリテーション
 9.TBLを開始するときの大切なポイント
 10.TBLの噂と真実 -Myths & Facts-

第3章 TBLの実際
 1.科目構成
 2.ステップの組み合わせ例
 3.TBLの実例紹介
 4.実習につながる演習

第4章 TBLにおける評価
 1.TBLの評価に役立つさまざまなツール
 2.TBLの効果を多面的に評価する尺度
 3.学生の声から考察するTBLの効果(聖路加国際大学における調査結果から)

第5章 TBLに取り組むあなたへ
 1.TBLに取り組む学生のあなたへ
 2.TBLに取り組む教員のあなたへ

巻末付録
 TBLガイド
 TBL事例集

おわりに
索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る