親子保健24のエッセンス
  • 有料閲覧

親子保健24のエッセンス

筆頭著者 平岩 幹男 (著) 医学書院 電子版ISBN 978-4-260-61445-0 電子版発売日 2016年6月6日 ページ数 232 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-260-01445-8 印刷版発行年月 2011年10月

書籍・雑誌概要

公衆衛生』誌の連載「保健師さんに伝えたい24のエッセンス-親子保健を中心に」を書籍化。保健師が効果的な親子保健の活動を実践するために、この分野に長くかかわってきた小児科医・公衆衛生医である著者からの珠玉の提言。とくに、乳幼児の発育のチェック、発達障害を理解し支援する視点、思春期教育の進め方など、具体的な実践方法が記されており、新人から中堅の保健師には必読の書。

目次

はじめに

第1章 親子保健の現状と課題
 1 親子保健のすすめ:日本における保健師の仕事と保健領域の構造
  コラム:思いを伝えるということ
 2 親子保健は保健の牙城であり続けられるか
  コラム:親子保健の夢
 3 子育て支援とは:ピア・エデュケーショとピア・サポートも含めて
  コラム:共感(sympathy)と感情移入(empathy)

第2章 周産期の問題をめぐって
 4 うつ状態・うつ病:妊娠中~出産後の問題を中心に
  コラム:ハイリスク
 5 授乳・離乳の支援ガイドと母乳育児をめぐって
  コラム:子育ては妊娠前から始まっている
 6 新生児訪問をめぐって

第3章 乳幼児健康診査と地域保健
 7 乳幼児健康診査の考え方
  コラム:指導と相談
 8 5歳児健診をめぐって:発達障害を中心に
  コラム:苦い思い出
 9 歯科保健をめぐって
 10 地域保健と予防接種
 11 児童虐待をめぐって

第4章 発達のチェックで気をつけたいこと
 12 身体発育:乳児を中心に
 13 身体発育:幼児期をめぐって
  コラム:子どもの時期は限られている
 14 言葉の遅れ
 15 運動発達について知っておいてほしいこと
  コラム:全体を見る

第5章 発達障害とその関連
 16 発達障害とは
 17 自閉症の療育をめぐって
  コラム:「教条主義」と「いいとこどり」
 18 親子保健における障害や疾患の発見と受容

第6章 思春期の問題
 19 思春期相談と思春期対応の体制づくり
  コラム:根拠のない励まし
 20 不登校・ひきこもりをめぐって
 21 青少年の飲酒・喫煙・薬物乱用
 22 思春期の性の問題点
 23 性教育とその周辺
  コラム:性教育は技術教育ではない

第7章 最後に伝えたいこと
 24 health reformとrespect, self-esteem

索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る