IVR看護ナビゲーション
  • 有料閲覧

IVR看護ナビゲーション

筆頭著者 栗林 幸夫 (監) その他の著者 吉岡 哲也/森田 荘二郎/齋藤 博哉 医学書院 電子版ISBN 978-4-260-60999-9 電子版発売日 2016年6月6日 ページ数 292 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-260-00999-7 印刷版発行年月 2010年5月

書籍・雑誌概要

IVRに携わる看護師向けの実践的な書物がほとんどない中で、各施設では独自のマニュアルを作って看護にあたっている。その現状を打破するために編集された本書は、医師のIVR手技、看護師のケアが系統立てて解説されている。2007年には「日本IVR学会認定IVR看護師制度」も発足し、ますますIVR看護が期待される中、時宜にかなった実践書。

目次

I.IVR総論
 Interventional Radiology(IVR)とは
 血管系IVR(Vascular IVR)
 非血管系IVR(Non-vascular IVR)
 IVR看護の役割
 インフォームド・コンセント
 副作用・合併症とその対策
 放射線被ばくと防護,放射線障害への対処
 IVRにおける急変時の対応
 前投薬

II.IVR各論
 頭頸部
 心臓
 肺
 血管-動脈
 血管-静脈
 血管-門脈
 消化管
 肝臓
 胆道
 膵臓
 腎臓
 骨盤内臓器
 腹腔・後腹膜腔
 骨軟部
 救急(外傷)

付録
 IVRに必要な解剖図譜
 看護計画
 TACEの入院診療計画書
 TACEの医療者用クリニカルパス
 TACE(術中用クリニカルパス)
 術中投与薬剤
 略語集

文献
和文索引
欧文索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る