Japanese

A case of postauricular noduar fasciitis differentiated from schwannoma Shinya Ohira 1 , Naoko Honma 2 , Kentarou Matsuura 1 , Hidehito Matsui 1 , Riko Kajiwara 1 , Hanae Furuya 1 , Kazutoshi Shibuya 3 , Kota Wada 1 1Department of Otolaryngology(Omori), School of Medicine, Faculty of Medicine, Toho University pp.600-604
Published Date 2019/6/20
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1411202130
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference

 A case of a 62-year-old woman presented with postauricular nodular fasciitis required to differentiate from schwannoma. The tumor was about 1 cm indiameter with tenderness and spindle nodule shape near the right parotid gland on CT scan. The tumor was resected under general anesthesia. The tumor was diagnosed as nodular fasciitis pathologically. Nodular fasciitis is a benign tumor, but clinically malignant tumor is often suspected, and unnecessary extensive resection should be avoided. Recognizing Nodular Fasciitis is important for selection of the proper treatment.


Copyright © 2019, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1316 印刷版ISSN 0914-3491 医学書院

関連文献

  • 鼻腔総鼻道内に生じた異所性歯牙の1例 大平 真也 , 長舩 大士 , 松浦 賢太郎 , 松井 秀仁 , 中澤 宝 , 梶原 理子 , 福生 瑛 , 松島 康二 , 和田 弘太 医学書院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科
    91巻 8号 (2019年7月)
    pp.693-697
    • 有料閲覧
  • 結節性筋膜炎 佐藤 良夫 , 北見 敏郎 医学書院 臨床皮膚科
    21巻 8号 (1967年7月)
    pp.750-751
    • 有料閲覧
  • 結節性筋膜炎 坂本 泰二 , 猪俣 孟 医学書院 臨床眼科
    46巻 9号 (1992年9月)
    pp.1260-1261
    • 有料閲覧
  • 結節性筋膜炎 清水 辰哉 , 本杉 宇太郎 , 近藤 哲夫 学研メディカル秀潤社 画像診断
    37巻 7号 (2017年5月)
    pp.622-725
    • 有料閲覧
  • 結節性筋膜炎 奥田 実穂 , 小林 聡 , 蒲田 敏文 , 山本 憲男 , 土屋 弘行 , 池田 博子 , 山本 幾 学研メディカル秀潤社 画像診断
    39巻 14号 (2019年11月)
    pp.1502-1503
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有