Jibi Inkoka, Tokeibu Geka Volume 60, Issue 6 (June 1988)
Japanese

A Case of Co-existed Laryngeal Trauma and Cancer Takeshi Kubo 1 1Department of Otolaryngology, Kagawa Medical School pp.487-491
Published Date 1988/6/20
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1411200172
  • Abstract
  • Look Inside

A patient who have had hoarseness after laryn-geal trauma due to a traffic accident developed dyspnea one year later. Pathological study of the granulation tissue in the subglottic space on the same side of the trauma revealed squamous cell carcinoma. Thus, cancer and trauma happened to be co-existed at the same region of the larynx in this case.


Copyright © 1988, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

09143491.60.6.jpg
耳鼻咽喉科・頭頸部外科
60巻6号 (1988年6月)
電子版ISSN 1882-1316 印刷版ISSN 0914-3491 医学書院

関連文献

  • 喉頭癌 齋藤 康一郎 , 矢部 はる奈 , 宇野 光祐 医学書院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科
    86巻 5号 (2014年4月)
    pp.254-263
    • 有料閲覧
  • 喉頭癌 吉田 祺一郞 医学書院 臨床外科
    8巻 13号 (1953年12月)
    pp.783-796
    • 有料閲覧
  • 喉頭癌 佐藤 武男 医学書院 耳鼻咽喉科
    50巻 5号 (1978年5月)
    pp.331-342
    • 有料閲覧
  • 喉頭癌 広戸 幾一郎 医学書院 耳鼻咽喉科
    50巻 10号 (1978年10月)
    pp.825-826
    • 有料閲覧
  • 喉頭癌 藤井 隆 医学書院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科
    90巻 10号 (2018年9月)
    pp.826-831
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有