雑誌文献を検索します。書籍を検索する際には「書籍検索」を選択してください。

検索

書誌情報 詳細検索 by 医中誌

Japanese

Imaging Findings and Differential Diagnosis of Inflammatory Bowel Disease:Stenosis Koichi Kurahara 1 , Shuji Kochi 1,2 , Keisuke Kawasaki 1,2 , Yumi Oshiro 3 , Koichi Asano 1 , Koji Ikegami 1 , Ryosuke Kiyomori 1 , Yuji Sakai 1,4 , Hiroyuki Kobayashi 1,5 , Takehiro Torisu 2 , Takashi Yao 6 , Takashi Nishizaki 7 , Takayuki Matsumoto 8 1Division of Gastroenterology, Matsuyama Red Cross Hospital, Matsuyama, Japan 2Department of Medicine and Clinical Science, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University, Fukuoka, Japan 3Department of Pathology, Matsuyama Red Cross Hospital, Matsuyama, Japan 4Station Clinic, Medical Corporation Shin-ai, Fukuoka, Japan 5Institute of Gastroenterology, Fukuoka Sanno Hospital, Fukuoka, Japan 6Department of Human Pathology, Juntendo University Graduate School of Medicine, Tokyo 7Department of Surgery, Matsuyama Red-cross Hospital, Matsuyama, Japan 8Division of Gastroenterology, Department of Internal Medicine, Iwate Medical University, Iwate, Japan Keyword: 小腸狭窄 , 大腸狭窄 , 炎症性腸疾患 , 鑑別診断 , X線診断 pp.1563-1570
Published Date 2021/11/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403202599
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference

 Endoscopic approaches have limitations in patients with concomitant intestinal stenosis. In patients with inflammatory bowel disease complicated by severe luminal stenosis, radiographic contrast examinations are useful for general visualization of the lesions including the narrowed area and have significance as a complementary examination to endoscopy. In addition, radiographic contrast studies of luminal deformity/stenosis sites are useful for differential diagnosis because the images are composed of contour lines that cannot be obtained by endoscopy. Classification of contrast radiographs of the luminal deformity/stenosis sites into unilateral stenosis, annular stenosis, and tubular stenosis and analysis of the imaging findings with the positional relationship between the deformity or stenosis sites and the mesentery and associated features of the surrounding mucosa are effective means for differential diagnosis from a point of view different from that of endoscopy.


Copyright © 2021, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 狭窄を来す小腸疾患の診断─X線診断の立場から 蔵原 晃一 , 八板 弘樹 , 浅野 光一 , 大城 由美 , 川崎 啓祐 , 河内 修司 , 原田 英 , 梁井 俊一 , 梅野 淳嗣 , 江﨑 幹宏 , 中村 昌太郎 , 八尾 隆史 , 小林 広幸 , 松本 主之 , 渕上 忠彦 医学書院 胃と腸
    51巻 13号 (2016年12月)
    pp.1661-1674
    • 有料閲覧
  • 小腸潰瘍の鑑別診断―X線診断を中心に 蔵原 晃一 , 河内 修司 , 川崎 啓祐 , 八板 弘樹 , 大城 由美 , 岡本 康治 , 梅野 淳嗣 , 平橋 美奈子 , 江崎 幹宏 , 小林 広幸 , 八尾 隆史 , 松本 主之 , 渕上 忠彦 医学書院 胃と腸
    49巻 9号 (2014年8月)
    pp.1267-1281
    • 有料閲覧
  • 小腸X線造影 蔵原 晃一 , 河内 修司 , 川崎 啓祐 , 吉田 雄一朗 , 長末 智寛 , 鷲尾 恵万 , 梅野 淳嗣 , 鳥巣 剛弘 , 江﨑 幹宏 , 大城 由美 , 中村 昌太郎 , 八尾 隆史 , 小林 広幸 , 松本 主之 , 岩下 明德 , 渕上 忠彦 医学書院 胃と腸
    54巻 9号 (2019年8月)
    pp.1254-1269
    • 有料閲覧
  • 小腸の良性腫瘍と腫瘍様病変 池上 幸治 , 蔵原 晃一 , 大城 由美 , 川崎 啓祐 , 村田 征喜 , 末永 文彦 , 清森 亮祐 , 浦岡 尚平 , 川床 慎一郎 , 藤原 美奈子 , 岡本 康治 , 田中 貴英 , 鳥巣 剛弘 , 石橋 英樹 , 江﨑 幹宏 , 南 一仁 医学書院 胃と腸
    55巻 11号 (2020年10月)
    pp.1360-1372
    • 有料閲覧
  • 内視鏡完全一括切除可能な大腸T1癌の術前診断—注腸造影の有用性と限界 川崎 啓祐 , 鳥巣 剛弘 , 長畑 誠修 , 江﨑 幹宏 , 蔵原 晃一 , 永塚 真 , 田中 義人 , 藤原 美奈子 , 川床 慎一郎 , 大城 由美 , 原 裕一 , 池上 幸治 , 山田 峻 , 菅井 恭平 , 鳥谷 洋右 , 梅野 淳嗣 , 森山 智彦 , 菅井 有 , 松本 主之 医学書院 胃と腸
    56巻 8号 (2021年7月)
    pp.1035-1046
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有