Japanese

Radiographic and Endoscopic Findings in Small-bowel Malignant Neoplasms Keisuke Kawasaki 1,2 , Takehiro Torisu 1 , Koichi Kurahara 3 , Shinichiro Kawatoko 1,4 , Makoto Eizuka 5 , Minako Fujiwara 6 , Yumi Oshiro 7 , Fumihiko Suenaga 3 , Shunichi Yanai 2 , Jun Urushikubo 2 , Yutaro Ihara 1 , Junji Umeno 1 , Tomohiko Moriyama 1,8 , Shotaro Nakamura 2 , Tamotsu Sugai 5 , Takayuki Matsumoto 2 1Department of Medicine and Clinical Science, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University, Fukuoka, Japan 2Division of Gastroenterology, Department of Internal Medicine, Iwate Medical University, Morioka, Japan 3Division of Gastroenterology, Matsuyama Red Cross Hospital, Matsuyama, Japan 4Department of Anatomic Pathology, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University, Fukuoka, Japan 5Department of Diagnostic Pathology, Department of Internal Medicine, Iwate Medical University, Morioka, Japan 6Department of Pathology, National Hospital Organization Kyushu Medical Center, Fukuoka, Japan 7Department of Pathology, Matsuyama Red Cross Hospital, Matsuyama, Japan 8International Medical Department, Kyushu University Hospital, Fukuoka, Japan Keyword: 小腸 , 悪性腫瘍 , , リンパ腫 , 腫瘍 pp.1349-1359
Published Date 2020/10/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403202151
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference

 Malignant tumors of the small bowel can be categorized into epithelial and non-epithelial neoplasms. Epithelial neoplasms include cancer and neuroendocrine tumors while non-epithelial neoplasms comprise malignant lymphoma, mesenchymal tumor, metastatic tumor, and other rare tumors. Endoscopic and radiographic findings of malignant tumors of the small bowel which had been treated at our institutions were reviewed to make recommendations and indicate pitfalls in clinical diagnosis. Endoscopy and cross-sectional imaging procedures, and a detailed and comprehensive analysis of findings obtained with said procedures, is inevitable for a correct diagnosis because each histologic type of malignant tumor presents characteristic features under radiography.


Copyright © 2020, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 小腸の良性腫瘍と腫瘍様病変 池上 幸治 , 蔵原 晃一 , 大城 由美 , 川崎 啓祐 , 村田 征喜 , 末永 文彦 , 清森 亮祐 , 浦岡 尚平 , 川床 慎一郎 , 藤原 美奈子 , 岡本 康治 , 田中 貴英 , 鳥巣 剛弘 , 石橋 英樹 , 江﨑 幹宏 , 南 一仁 医学書院 胃と腸
    55巻 11号 (2020年10月)
    pp.1360-1372
    • 有料閲覧
  • 小腸X線造影 蔵原 晃一 , 河内 修司 , 川崎 啓祐 , 吉田 雄一朗 , 長末 智寛 , 鷲尾 恵万 , 梅野 淳嗣 , 鳥巣 剛弘 , 江﨑 幹宏 , 大城 由美 , 中村 昌太郎 , 八尾 隆史 , 小林 広幸 , 松本 主之 , 岩下 明德 , 渕上 忠彦 医学書院 胃と腸
    54巻 9号 (2019年8月)
    pp.1254-1269
    • 有料閲覧
  • 潰瘍性大腸炎における拡大内視鏡所見—病態および腫瘍性病変診断の点から 川崎 啓祐 , 江﨑 幹宏 , 蔵原 晃一 , 貫 陽一郎 , 永塚 真 , 大城 由美 , 藤原 美奈子 , 梁井 俊一 , 鳥谷 洋右 , 藤田 泰子 , 上杉 憲幸 , 石田 和之 , 中村 昌太郎 , 菅井 有 , 松本 主之 医学書院 胃と腸
    54巻 1号 (2019年1月)
    pp.67-75
    • 有料閲覧
  • 狭窄を来す小腸疾患の診断─X線診断の立場から 蔵原 晃一 , 八板 弘樹 , 浅野 光一 , 大城 由美 , 川崎 啓祐 , 河内 修司 , 原田 英 , 梁井 俊一 , 梅野 淳嗣 , 江﨑 幹宏 , 中村 昌太郎 , 八尾 隆史 , 小林 広幸 , 松本 主之 , 渕上 忠彦 医学書院 胃と腸
    51巻 13号 (2016年12月)
    pp.1661-1674
    • 有料閲覧
  • inverted SSA/Pの臨床病理学的特徴 川崎 啓祐 , 蔵原 晃一 , 大城 由美 , 梁井 俊一 , 永塚 真 , 上杉 憲幸 , 石田 和之 , 小林 広幸 , 中村 昌太郎 , 渕上 忠彦 , 菅井 有 , 松本 主之 医学書院 胃と腸
    50巻 13号 (2015年12月)
    pp.1688-1695
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有