Japanese

Existence Diagnosis of Lesions on the Anterior Wall of the Stomach Y. Yoshikawa 1 , K. Yamanaka 1 , Y. Hayakawa 1 , H. Shirakabe 1 , M. Nishizawa 3 1Dept. of Internal Med., School of Med., Juntendo University pp.1393-1403
Published Date 1971/10/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403111521
  • Abstract
  • Look Inside

 Lesions on the anterior wall of the stomach are being more accurately diagnosed since the rnucosal relief study has been replaced by the double contrast method. They can now be visualized almost true to the macroscopic specimen. However, as was pointed out by Dr. Kumakura, this method is more suitable for detailed examination involving much trouble, and a simpler method of photographing the anterior wall has been eagerly expected. For this purpose, we have exploited in collaboration with Dr. Kariya a new method, coating the stomach wall thinly with lowdensity barium meal with active air insufilation. Its effectiveness has already been reported elsewhere.

 In this paper is described its application to the routine x-ray TV examination in order partly to see how much this method is superior in picking up lesions on the anterior wall to the compression method hitherto mainly employed and partly to ascertain if there is more room improvement of this method.

 The subjects chosen for this study were 637 cases endoscopically also examined out of 2,449 cases routinely studied by x-ray TV during the period May 1970 to May 1971, together with 15 cases (16 lesions) of Ⅱc type early cancer on the anterior wall surgically removed from October 1968 to May 1971.

 When the thin layer method with lowdensity contrast medium was used along with compression in the routine x-ray TV examination, it proved far better in picking up lesions than the usual procedure which uses chiefly compression. The thin layer method alone was also more excellent than compression in the outcome of detection. The former especially surpassed the latter in locating lesions in the corpus.

 This fact is an indication that the thin layer method can now take the place of compression study, and it may become an indispensable procedure not only in the gastric mass survey in which compression can not be employed but in the routine x-ray TV examination as well, because also here compression can not be fully utilized.

 It should be mentioned here that the thin layer method can not depict the areae gastricae, so that it is of no avail in the diagnosis of minute cancer for which detailed study of these areas is necessary.

 As in the double contrasft study of lesions on the anterior Wall, compression should also be used whenever possible in this examination method, because lesions would be all the more clearly visualized then.


Copyright © 1971, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 早期胃癌臨床診断の実態 白壁 彦夫 , 西沢 護 , 早川 尚男 , 吉川 保雄 , 栗原 稔 , 塚田 隆憲 , 細井 董三 , 池延 東男 , 黒沢 彬 , 山中 啓子 , 高木 直行 , 織田 貫爾 , 勝田 康夫 , 人見 洋一 , 武田 儀之 , 板井 悠二 , 石橋 幸夫 , 村上 忠重 , 信田 重光 , 安井 昭 医学書院 胃と腸
    7巻 3号 (1972年3月)
    pp.295-300
    • 有料閲覧
  • 幽門部(pyloric portion)癌性病変のレントゲン診断 早川 尚男 , 吉川 保雄 , 栗原 稔 , 塚田 隆憲 , 山中 啓子 , 石橋 幸夫 , 細井 菫三 , 黒沢 彬 , 池延 東男 , 勝田 康男 , 人見 洋一 , 織田 貫爾 , 高木 直行 , 白壁 彦夫 , 安井 昭 医学書院 胃と腸
    6巻 8号 (1971年7月)
    pp.987-1000
    • 有料閲覧
  • 線状潰瘍のレントゲン診断 白壁 彦夫 , 早川 尚男 , 森近 浩 , 栗原 稔 , 塚田 隆憲 , 細井 菫三 , 池延 東男 , 黒沢 彬 , 白浜 興竜 , 大島 仁士 , 山中 啓子 , 勝田 康夫 , 西沢 護 , 野本 一夫 , 伊藤 俊夫 , 狩谷 淳 , 上野 正巳 , 林 学 医学書院 胃と腸
    5巻 2号 (1970年2月)
    pp.147-156
    • 有料閲覧
  • 早期胃癌症例 白壁 彦夫 , 西沢 護 , 日暮 協 , 早川 尚男 , 大久保 春男 , 吉川 保雄 , 伊藤 俊夫 , 栗原 稔 , 野本 一夫 , 狩谷 淳 , 細井 菫三 , 丸山 雅一 医学書院 胃と腸
    1巻 4号 (1966年7月)
    pp.357-360
    • 有料閲覧
  • 胃前壁病変の診断 狩谷 淳 , 古賀 充 , 望月 福治 , 中島 哲二 , 高田 洋 , 高橋 淳 , 八尾 恒良 , 白壁 彦夫 医学書院 胃と腸
    6巻 11号 (1971年10月)
    pp.1462-1473
    • 有料閲覧
  • Polypoid lesionの背景としての胃粘膜―レ線的立場より 織田 貫爾 , 塚田 隆憲 , 勝田 康夫 , 秡川 正嗣 , 白田 一誠 , 早川 尚男 , 吉川 保雄 , 白壁 彦夫 , 安井 昭 医学書院 胃と腸
    10巻 2号 (1975年2月)
    pp.171-177
    • 有料閲覧
  • 膵癌の血管造影 有山 襄 , 池延 東男 , 黒沢 彬 , 高木 直行 , 河合 信太郎 , 白田 一誠 , 栗原 稔 , 吉川 保雄 , 白壁 彦夫 , 炭田 正孝 , 高木 俊孝 , 福田 芳郎 医学書院 胃と腸
    11巻 12号 (1976年12月)
    pp.1605-1617
    • 有料閲覧
  • 多発性胃潰瘍の胃カメラによる診断 西沢 護 , 吉田 貞利 , 白壁 彦夫 , 日暮 協 , 早川 尚男 , 大久保 春雄 , 吉川 保雄 , 伊藤 俊夫 , 野本 一夫 , 狩谷 淳 , 上野 正己 , 塚田 隆憲 , 林 学 , 丸山 雅一 , 白浜 龍興 , 瀬川 五雄 医学書院 胃と腸
    2巻 9号 (1967年9月)
    pp.1159-1167
    • 有料閲覧
  • 胃癌の胃変形について 白壁 彦夫 , 早川 尚男 , 栗原 稔 , 西沢 護 , 野本 一夫 , 伊藤 俊夫 , 狩谷 淳 , 上野 正巳 , 塚田 隆憲 , 林 学 医学書院 胃と腸
    4巻 7号 (1969年7月)
    pp.845-849
    • 有料閲覧
  • 大腸憩室病の診断―臨床的・病理学的・X線学的考察 吉川 保雄 , 織田 貫爾 , 勝田 康夫 , 佐々木 輝男 , 小笠原 隆 , 白壁 彦夫 , 宮城 伸二 , 長浜 徴 , 鎌野 俊紀 , 中島 孝晃 , 山口 一紘 , 市川 勝基 医学書院 胃と腸
    10巻 6号 (1975年6月)
    pp.749-760
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有