Japanese

Metastatic Gastric Cancer from the Breast, Report of a Case Hiroshi Nakano 1 , Eiko Takano 1 , Madoka Itoh 1 , Kyohei Kawase 2 , Kasumi Miura 2 1Department of Internal Medicine, Fujita-Gakuen Health University School of Medicine 2Department of Surgery, Fujita-Gakuen Health University School of Medicine Keyword: 転移性胃癌 , bull's eye sign , 乳癌 pp.1105-1111
Published Date 1990/9/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403111410
  • Abstract
  • Look Inside
  • Cited by

 A 57-year-old woman was admitted to our hospital because of epigastric pain. She had a history of breast cancer surgically removed one year and nine months prior to the admission.

 Physical and laboratory examinations revealed no abnormalities. Radiological study of the stomach showed irregular-shaped barium flecks surrounded by coarse mucosal folds and multiple polypoid lesions with small barium fleck. These findings were similar to the “bull's eye sign” usually seen in cases of gastric metastasis of malignant melanoma. Endoscopic examination showed multiple flat masses of various sizes, with shallow depression on them. Biopsy specimens obtained from these lesions contained tumor cells identical to the breast cancer cells previously obtained. Further investigations were negative for other metastatic lesions. Total gastrectomy was performed.

 Examination of the resected specimen showed large crater with tumorously engorged mucosal folds in the posterior wall of the middle portion of the gastric body and multiple small polypoid lesions with the small depression as previously seen. Histological examination of the cross sections showed the tumor mass with shallow ulceration, the submucosal layer with expansive growth of tumor cells and the proper muscle layer through the serosa being diffusely infiltrated by tumor cells. These tumor cells were shown to have characteristics identical to the breast cancer. These findings clearly demonstrated that the gastric cancer resulted from the previously treated breast cancer.

 Review of literatures on autopsy cases indicated the unexpectedly higher incidence of gastric metastasis from breast cancer than generally believed. Radiologically, those metastatic lesions presented as linitis plastics type. Thus, when encountered with the linitis plastics type gastric cancer in the patient with previous history of breast cancer, we should always consider a possibility of gastric metastasis from breast cancer.


Copyright © 1990, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 術前診断が困難であった胃悪性リンパ腫の1例 中野 浩 , 安座間 聡 , 山本 尚人 , 高野 映子 , 亀井 明 , 長岡 芳 , 斉藤 治人 , 宮地 育郎 , 山内 雅博 , 堀口 祐爾 , 中島 澄夫 , 伊藤 圓 , 伊左治 秀孝 , 宮川 秀一 , 川瀬 恭平 , 三浦 馥 医学書院 胃と腸
    24巻 4号 (1989年4月)
    pp.461-466
    • 有料閲覧
  • 回盲部結核の1例 中野 浩 , 山本 尚人 , 高野 映子 , 亀井 明 , 斎藤 治人 , 宮地 育郎 , 山内 雅博 , 堀口 祐爾 , 中島 澄夫 , 伊藤 圓 , 桂 正剛 , 川瀬 恭平 , 三浦 馥 医学書院 胃と腸
    23巻 3号 (1988年3月)
    pp.339-344
    • 有料閲覧
  • 胃のreactive lymphoreticular hyperplasiaの1例 渡辺 真 , 中野 浩 , 高野 映子 , 斉藤 治人 , 北川 康雄 , 星野 知久 , 上村 守夫 , 宮地 育郎 , 中島 澄夫 , 伊藤 圓 , 川瀬 恭平 , 三浦 馥 医学書院 胃と腸
    26巻 9号 (1991年9月)
    pp.1039-1044
    • 有料閲覧
  • 胃glomus腫瘍の1例 高濱 和也 , 中野 浩 , 高野 映子 , 宮地 育郎 , 北川 康雄 , 星野 知久 , 斉藤 治人 , 渡邊 真 , 前田 玲二 , 伊藤 圓 , 川瀬 恭平 , 堀口 明彦 , 三浦 馥 医学書院 胃と腸
    26巻 6号 (1991年6月)
    pp.669-674
    • 有料閲覧
  • 右側結腸に大きな潰瘍の多発を認めたBehçet病の1例 中野 浩 , 高野 映子 , 近藤 東仁 , 大橋 秀徳 , 保原 怜子 , 倉本 徹 , 渡辺 真 , 高濱 和也 , 星野 知久 , 北川 康雄 , 宮地 育郎 , 伊藤 圓 , 水野 謙司 , 川瀬 恭平 , 三浦 馥 医学書院 胃と腸
    27巻 3号 (1992年3月)
    pp.327-332
    • 有料閲覧
  • 特異な形態を示したS状結腸癌の1例 中野 浩 , 宮地 育郎 , 北川 康雄 , 佐々木 国夫 , 北野 徹 , 神間 修 , 後藤 正巳 , 辻 克人 , 八谷 有生 , 安座間 聡 , 堀口 祐爾 , 山内 雅博 , 中島 澄夫 , 伊藤 圓 , 川瀬 恭平 , 宮川 秀一 , 岩瀬 克己 , 近藤 成彦 , 三浦 馥 医学書院 胃と腸
    18巻 9号 (1983年9月)
    pp.993-997
    • 有料閲覧
  • 腸結核に合併した横行結腸癌の1例 中野 浩 , 安座間 聡 , 宮地 育郎 , 北川 康雄 , 佐々木 国夫 , 後藤 正己 , 山内 雅博 , 堀口 祐爾 , 中島 澄夫 , 伊藤 圓 , 川瀬 恭平 , 宮川 秀一 , 岩瀬 克己 , 近藤 成彦 , 三浦 馥 医学書院 胃と腸
    19巻 2号 (1984年2月)
    pp.209-215
    • 有料閲覧
  • 隆起を主体とした表層拡大型胃癌の1例 中野 浩 , 岡村 正造 , 北野 徹 , 北野 道子 , 佐々木 国夫 , 神間 修 , 腰山 裕 , 八谷 有生 , 永田 清 , 堀口 祐爾 , 山内 雅博 , 水野 文雄 , 中島 澄夫 , 伊藤 圓 , 川瀬 恭平 , 宮川 秀一 , 岩瀬 克己 , 近藤 成彦 , 三浦 馥 医学書院 胃と腸
    18巻 1号 (1983年1月)
    pp.77-82
    • 有料閲覧
  • 腫瘍性疾患:転移性胃癌─乳癌 岡本 朋子 , 小田 一郎 , 谷口 浩和 , 阿部 清一郎 , 野中 哲 , 鈴木 晴久 , 吉永 繁高 , 関根 茂樹 , 斎藤 豊 医学書院 胃と腸
    50巻 6号 (2015年5月)
    pp.762-764
    • 有料閲覧
  • 胃潰瘍の良・悪性の鑑別―H2ブロッカーと悪性サイクル 中野 浩 , 荒木 康久 , 大橋 秀徳 , 保原 怜子 , 高浜 和也 , 渡辺 真 , 高野 映子 , 星野 知久 , 斎藤 治人 , 北川 康雄 , 宮地 育郎 , 伊藤 圓 医学書院 胃と腸
    26巻 9号 (1991年9月)
    pp.993-1001
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有