Stomach and Intestine(Tokyo) Volume 23, Issue 3 (March 1988)
Japanese

Intestinal Tuberculosis in the Ileocecal Region, Report of a Case Hiroshi Nakano 1 , Sumio Nakajima 1 , Madoka Itoh 1 , Kyohei Kawase 2 , Kaoru Miura 2 1Department of Internal Medicine, Fujita-Gakuen Health University, School of Medicine 2Department of Surgery, Fujita-Gakuen Health University School of Medicine pp.339-344
Published Date 1988/3/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403108009
  • Abstract
  • Look Inside

 A 46 year-old man was admitted to the hospital complaining of right lower abdominal pain. Physical and laboratory examinations revealed no significant abnormalities.

 Radiological study demonstrated narrowing of the terminal ileum with coarsened mucosa and longitudinal ulcers.

 Endoscopical examination disclosed shallow, inrregularly-shaped ulcers on the ileocecal valve and longitudinal ulcers in the terminal ileum. The so-called “cobblestone appearance” was not seen around the ulcers. Biopsies taken from these areas proved to be the noncaseating granulomas.

 Since these findings can be either due to ileocecal tuberculosis or Crohn's disease, we could not make definite diagnosis before surgery.

 Resected specimen showed about 10 cm long, girdle scarred area with branching linear ulcers in the terminal ileum, and a shallow circular ulceration on the ileocecal valve.

 Histologically, many non-caseating granulomas were found in each layer of the intestinal wall and in regional lymph nodes, establishing the diagnosis of tuberculosis.

 Longitudinal ulcer, usually seen in Crohn's disease, did not help us in making correct diagnosis in this case. This type of linear ulcer is also seen in the girdle ulcer as a cracked surface.

 In order to make an accurate diagnosis of this type of intestinal tuberculosis, one should always bear in mind the possible presence of such a characteristic macroscopic features seen in the intestinal tuberculosis.


Copyright © 1988, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

05362180.23.3.jpg
胃と腸
23巻3号 (1988年3月)
電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 術前診断が困難であった胃悪性リンパ腫の1例 中野 浩 , 安座間 聡 , 山本 尚人 , 高野 映子 , 亀井 明 , 長岡 芳 , 斉藤 治人 , 宮地 育郎 , 山内 雅博 , 堀口 祐爾 , 中島 澄夫 , 伊藤 圓 , 伊左治 秀孝 , 宮川 秀一 , 川瀬 恭平 , 三浦 馥 医学書院 胃と腸
    24巻 4号 (1989年4月)
    pp.461-466
    • 有料閲覧
  • 乳癌からの転移性胃癌の1例 中野 浩 , 高野 映子 , 山内 聖司 , 兼松 史子 , 斉藤 治人 , 上村 守生 , 星野 知久 , 北川 康雄 , 佐々木 国夫 , 山内 雅博 , 堀口 祐爾 , 中島 澄夫 , 伊藤 圓 , 篠田 繁博 , 川瀬 恭平 , 三浦 馥 医学書院 胃と腸
    25巻 9号 (1990年9月)
    pp.1105-1111
    • 有料閲覧
  • 腸結核に合併した横行結腸癌の1例 中野 浩 , 安座間 聡 , 宮地 育郎 , 北川 康雄 , 佐々木 国夫 , 後藤 正己 , 山内 雅博 , 堀口 祐爾 , 中島 澄夫 , 伊藤 圓 , 川瀬 恭平 , 宮川 秀一 , 岩瀬 克己 , 近藤 成彦 , 三浦 馥 医学書院 胃と腸
    19巻 2号 (1984年2月)
    pp.209-215
    • 有料閲覧
  • 右側結腸に大きな潰瘍の多発を認めたBehçet病の1例 中野 浩 , 高野 映子 , 近藤 東仁 , 大橋 秀徳 , 保原 怜子 , 倉本 徹 , 渡辺 真 , 高濱 和也 , 星野 知久 , 北川 康雄 , 宮地 育郎 , 伊藤 圓 , 水野 謙司 , 川瀬 恭平 , 三浦 馥 医学書院 胃と腸
    27巻 3号 (1992年3月)
    pp.327-332
    • 有料閲覧
  • 特異な形態を示したS状結腸癌の1例 中野 浩 , 宮地 育郎 , 北川 康雄 , 佐々木 国夫 , 北野 徹 , 神間 修 , 後藤 正巳 , 辻 克人 , 八谷 有生 , 安座間 聡 , 堀口 祐爾 , 山内 雅博 , 中島 澄夫 , 伊藤 圓 , 川瀬 恭平 , 宮川 秀一 , 岩瀬 克己 , 近藤 成彦 , 三浦 馥 医学書院 胃と腸
    18巻 9号 (1983年9月)
    pp.993-997
    • 有料閲覧
  • 胃のreactive lymphoreticular hyperplasiaの1例 渡辺 真 , 中野 浩 , 高野 映子 , 斉藤 治人 , 北川 康雄 , 星野 知久 , 上村 守夫 , 宮地 育郎 , 中島 澄夫 , 伊藤 圓 , 川瀬 恭平 , 三浦 馥 医学書院 胃と腸
    26巻 9号 (1991年9月)
    pp.1039-1044
    • 有料閲覧
  • 腸結核に合併した上行結腸癌の1例 中野 浩 , 安座間 聡 , 堀口 祐爾 , 山内 雅博 , 中島 澄夫 , 伊藤 圓 , 川瀬 恭平 , 伊左治 秀孝 , 高村 公範 , 稲垣 喜治 , 宮川 秀一 , 岩瀬 克己 , 近藤 成彦 , 三浦 馥 医学書院 胃と腸
    18巻 8号 (1983年8月)
    pp.883-890
    • 有料閲覧
  • 胃glomus腫瘍の1例 高濱 和也 , 中野 浩 , 高野 映子 , 宮地 育郎 , 北川 康雄 , 星野 知久 , 斉藤 治人 , 渡邊 真 , 前田 玲二 , 伊藤 圓 , 川瀬 恭平 , 堀口 明彦 , 三浦 馥 医学書院 胃と腸
    26巻 6号 (1991年6月)
    pp.669-674
    • 有料閲覧
  • 三重複早期胃癌の1例 岡村 正造 , 中野 浩 , 伊藤 圓 , 中島 澄夫 , 堀口 祐爾 , 山内 雅博 , 八谷 有生 , 永田 清 , 腰山 裕 , 山本 仁 , 多田 利男 , 神間 修 , 三浦 馥 , 川瀬 恭平 , 近藤 成彦 , 宮川 秀一 , 岩瀬 克己 医学書院 胃と腸
    17巻 3号 (1982年3月)
    pp.293-298
    • 有料閲覧
  • 胃潰瘍の良・悪性の鑑別―H2ブロッカーと悪性サイクル 中野 浩 , 荒木 康久 , 大橋 秀徳 , 保原 怜子 , 高浜 和也 , 渡辺 真 , 高野 映子 , 星野 知久 , 斎藤 治人 , 北川 康雄 , 宮地 育郎 , 伊藤 圓 医学書院 胃と腸
    26巻 9号 (1991年9月)
    pp.993-1001
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有