Japanese

Histopathological Refractory Factors in Inflammatory Bowel Disease―Investigation of the Resected Cases of Patients with Crohn's Disease Keisuke Ikeda 1 , Akinori Iwashita 1 , Seiji Haraoka 1 , Kaname Oshige 1 , Hiroshi Tanabe 1 , Atsuko Ota 1 , Nobuaki Nishimata 1 , Fumihito Hirai 2 , Yasuhiro Takaki 2 , Toshiyuki Matsui 2 1Department of Pathology, Chikushi Hospital, Fukuoka University, Chikushino, Japan 2Department of Gastroenterology, Chikushi Hospital, Fukuoka University, Chikushino, Japan Keyword: Crohn病 , 難治性要因 , 切除例 , 病理組織像 pp.1911-1920
Published Date 2007/12/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403101246
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference

 Crohn's disease (CD) shows various intestinal lesions and complications, so treatment is difficult and may follow an intractable course. There are many reports of a clinical refractory factor. However, the histopathological refractory factors have not been made clear. The aim of the present study is to investigate characteristic pathologic factors of resected CD cases. Among 30 CD patients who had undergone initial resection, 20 patients needed reoperations, and the remaining 10 patients were followed up for more than five years. Histopathologically, granulomatous lymphangitis obliterans and myenteric plexitis were observed in a high percentage of the resected CD specimens. These are findings which could be of special significance when thinking about a refractory factor in Crohn's disease.


Copyright © 2007, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 非定型的炎症性腸疾患の病理学的鑑別診断―肉芽腫の鑑別を中心に 池田 圭祐 , 岩下 明徳 , 原岡 誠司 , 田邉 寛 , 大重 要人 , 太田 敦子 , 平井 郁仁 , 蒲池 紫乃 , 高木 靖寛 , 松井 敏幸 , 二見 喜太郎 医学書院 胃と腸
    41巻 6号 (2006年5月)
    pp.901-911
    • 有料閲覧
  • 特発性腸間膜静脈硬化症の病理 池田 圭祐 , 岩下 明徳 , 原岡 誠司 , 太田 敦子 , 大重 要人 , 田邉 寛 , 西俣 伸亮 , 西村 拓 , 高木 靖寛 , 松井 敏幸 , 古賀 有希 医学書院 胃と腸
    44巻 2号 (2009年2月)
    pp.138-152
    • 有料閲覧
  • 組織像でわかる感染性腸炎 池田 圭祐 , 岩下 明徳 , 田邉 寛 , 原岡 誠司 , 西俣 伸亮 , 太田 敦子 , 大重 要人 , 高木 靖寛 , 松井 敏幸 , 大原 次郎 , 櫻井 俊弘 , 大城 由美 医学書院 胃と腸
    43巻 11号 (2008年10月)
    pp.1590-1605
    • 有料閲覧
  • Crohn病診断における類上皮細胞肉芽腫の意義 岸 昌廣 , 平井 郁仁 , 山岡 梨乃 , 今村 健太郎 , 別府 剛志 , 二宮 風夫 , 矢野 豊 , 久部 高司 , 植木 敏晴 , 八尾 建史 , 松井 敏幸 , 太田 敦子 , 田邉 寛 , 池田 圭祐 , 原岡 誠司 , 岩下 明德 医学書院 胃と腸
    51巻 11号 (2016年10月)
    pp.1441-1452
    • 有料閲覧
  • 食道小扁平上皮癌のX線診断 高木 靖寛 , 長浜 孝 , 平井 郁仁 , 宮岡 正喜 , 別府 孝浩 , 槙 信一朗 , 八尾 建史 , 松井 敏幸 , 田邊 寛 , 池田 圭祐 , 大重 要人 , 太田 敦子 , 西俣 伸亮 , 原岡 誠司 , 岩下 明徳 , 富安 孝成 , 前川 隆文 医学書院 胃と腸
    44巻 11号 (2009年10月)
    pp.1713-1722
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有