Japanese

Predictions of Relapse in Patients with Ulcerative Colitis―The Role of the Minute Structure of ‘Mucosal Healing' in Diagnosing the Activity and Predicting Remission Periods in Ulcerative Colitis Mikihiro Fujiya 1 , Kentaro Moriichi 1 , Jiro Watari 1 , Hirohito Kawauchi 1 , Yoshiki Nomura 1 , Toshie Nata 1 , Nobuhiro Ueno 1 , Youkou Konno 1 , Chisato Ishikawa 1 , Takahiro Itoh 1 , Ryu Sato 1 , Kotaro Okamoto 1 , Hiroki Tanabe 1 , Atsuo Maemoto 1 , Toshifumi Ashida 1 , Yutaka Kohgo 1 , Masaki Taruishi 2 , Yusuke Saitoh 2 1Division of Gastoloenterology and Hematological Oncology, Depertment of Internal Medicine, Asahikawa Medical College, Asahikawa, Japan 2Digestive Disease Center, Asahikawa City Hospital, Asahikawa, Japan Keyword: 炎症性腸疾患 , 潰瘍性大腸炎 , 拡大内視鏡 , 再燃 , 粘膜治癒 pp.1894-1902
Published Date 2007/12/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403101244
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference

 Most cases with short-term relapse occurred among patients who had stopped having remission-induction therapy before ‘Mucosal healing'. Confirming ‘Mucosal healing' is important for deciding when the remission-induction therapy should be withdrawn. Two types of colonoscopic features, ‘Villous-like' and ‘Atrophic mucosa', were shown to be indicative of quiescent mucosa. Either ‘Villous-like' or ‘Atrophic mucosa' is, histologically, indicates remission, but their morphological features are quite different. Our prospective study has shown that magnifying colonoscopy is needed to diagnose ‘Mucosal healing' and is useful for predicting cases with short-term relapse. In the near future, new endoscopic procedures such as NBI, AFI and ultra-magnification will be able to be established to determine the activity of ulcerative colitis and predict remission periods.


Copyright © 2007, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 消化管follicular lymphomaの特徴:臨床的立場から―X線を中心に 盛一 健太郎 , 藤谷 幹浩 , 渡 二郎 , 斉藤 裕輔 , 生田 克哉 , 川内 宏仁 , 奈田 利恵 , 野村 好紀 , 杉山 祥晃 , 上野 伸展 , 金野 陽高 , 石川 千里 , 稲場 勇平 , 伊藤 貴博 , 佐藤 龍 , 岡本 耕太郎 , 田邊 裕貴 , 前本 篤男 , 佐藤 一也 , 蘆田 知史 , 鳥本 悦宏 , 高後 裕 医学書院 胃と腸
    43巻 7号 (2008年6月)
    pp.1047-1057
    • 有料閲覧
  • 大腸の新しい内視鏡診断―autofluorescence imaging(AFI) 佐藤 龍 , 藤谷 幹浩 , 盛一 健太郎 , 奈田 利恵 , 上野 伸展 , 金野 陽高 , 石川 千里 , 伊藤 貴博 , 岡本 耕太郎 , 田邊 裕貴 , 前本 篤男 , 渡 二郎 , 蘆田 知史 , 斉藤 裕輔 , 高後 裕 医学書院 胃と腸
    43巻 6号 (2008年5月)
    pp.910-920
    • 有料閲覧
  • 潰瘍性大腸炎の初期病変―直腸病変の口側進展 伊藤 貴博 , 岡本 耕太郎 , 藤谷 幹浩 , 杉山 隆治 , 奈田 利恵 , 野村 好紀 , 上野 伸展 , 板橋 健太郎 , 嘉島 伸 , 石川 千里 , 稲場 勇平 , 盛一 健太郎 , 田邊 裕貴 , 高後 裕 , 前本 篤男 , 蘆田 知史 , 渡 二郎 , 斉藤 裕輔 医学書院 胃と腸
    44巻 10号 (2009年9月)
    pp.1541-1548
    • 有料閲覧
  • Crohn病小腸病変の診断と経過―小腸X線検査の有用性と位置づけ 伊藤 貴博 , 岡本 耕太郎 , 藤谷 幹浩 , 安藤 勝祥 , 杉山 隆治 , 奈田 利恵 , 野村 好紀 , 上野 伸展 , 嘉島 伸 , 石川 千里 , 盛一 健太郎 , 田邊 裕貴 , 前本 篤男 , 蘆田 知史 , 渡 二郎 , 垂石 正樹 , 斉藤 裕輔 , 高後 裕 医学書院 胃と腸
    45巻 10号 (2010年9月)
    pp.1586-1594
    • 有料閲覧
  • 光デジタル法を用いた腸管リンパ腫の診断 藤谷 幹浩 , 盛一 健太郎 , 上野 伸展 , 奈田 利恵 , 野村 好紀 , 石川 千里 , 伊藤 貴博 , 稲場 勇平 , 岡本 耕太郎 , 田邊 裕貴 , 佐藤 一也 , 高後 裕 , 斉藤 裕輔 , 佐藤 龍 , 渡 二郎 医学書院 胃と腸
    44巻 5号 (2009年4月)
    pp.889-896
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有