心身症臨床のまなざし
  • 有料閲覧

心身症臨床のまなざし

筆頭著者 矢吹 弘子 (著) 人間総合科学大学教授、矢吹女性心理療法研究室 その他の著者 筒井末春(監修) 新興医学出版社 電子版ISBN 電子版発売日 2020年8月10日 ページ数 104 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-88002-853-8 印刷版発行年月 2014年9月

閲覧方法のご案内

この書籍・雑誌を閲覧するためにはログインが必要になります。
パスワードを忘れた場合 新しくユーザー登録する

購入案内

書籍・雑誌概要

心身症を学ぶことは、人生を学ぶことである。本書は、身体と心のつながりに光をあて、心理療法という視点から心身症を理解することを試みました。

目次

監修にあたって
はじめに
第1章 心身医学の歴史と心身症治療の基本―今なぜ心身症か―
1心身症とは何か・心身医学の歴史
2心身症治療の基本概念

第2章 心身症と精神分析理論
1フロイトの「ヒステリー性転換」と「不安神経症」
2アレキサンダーの自律神経反応論
3アレキシサイミア
4アモンの「精神分析と心身医学」
5「自我」の機能と「防衛機制」

第3章 学習理論(行動理論)と心身症の心理療法
1学習理論の考え方―古典的条件付けとオペラント条件付け―
2学習理論の発展
3認知療法と認知行動療法
4自律訓練法
5バイオフィードバック療法

第4章 精神分析的な技法をめぐって
1EBM, NBMと精神分析的精神療法
2精神分析的精神療法と支持的精神療法
3力動指向的アートセラピー(芸術療法)

あとがき
索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る