2018-2019年 改訂3版 眼科点眼薬Note
  • 有料閲覧

2018-2019年 改訂3版 眼科点眼薬Note

ジェネリックがわかる!市販薬もわかる! 筆頭著者 加藤 浩晃 (著) 京都府立医科大学眼科学教室 メディカ出版 電子版ISBN 電子版発売日 2019年4月29日 ページ数 214 判型 新書 印刷版ISBN 978-4-8404-6522-9 印刷版発行年月 2018年5月

書籍・雑誌概要

【ジェネリック薬写真約300点と薬価を追加】

処方の点眼薬と市販の点眼薬(OTC薬)を、薬剤のカラー写真付きで、適応、用法用量、禁忌、薬理作用、副作用、保存方法などについてわかりやすく解説した。巻頭に、点眼薬のキャップの色から探せるキャップカラーインデックス付き!

目次

・はじめに
・色で探せる処方薬キャップカラーINDEX

【第1章 処方薬】
◆1 感染症治療薬
〈抗菌薬〉
・セフェム系
・フルオロキノロン系
・アミノグリコシド系
・マクロライド系
・クロラムフェニコール系
・グリコペプチド系
〈抗真菌薬〉
〈抗ウイルス薬〉
〈洗眼殺菌剤〉

◆2 アレルギー治療薬
〈抗アレルギー薬〉
・メディエーター遊離抑制薬
・ヒスタミンH1受容体拮抗薬
・メディエーター遊離抑制作用+ヒスタミンH1受容体拮抗作用
〈免疫抑制薬〉
◆3 角膜・ドライアイ治療薬
〈角膜治療薬〉
〈ドライアイ治療薬〉
◆4 炎症治療薬
〈副腎皮質ステロイド薬〉
〈非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)〉
◆5 白内障治療薬
◆6 緑内障治療薬
・β遮断薬
・β1遮断薬
・α1遮断薬
・α1β遮断薬
・交感神経刺激薬(非選択性)
・α2刺激薬
・炭酸脱水酵素阻害薬
・プロスタグランジン関連薬
・Rhoキナーゼ阻害薬
・配合剤
・副交感神経刺激薬
◆7 散瞳・調節麻痺薬
◆8 調節機能改善薬
◆9 局所麻酔薬
◆10 血管収縮薬

【第2章 市販薬(OTC薬)】
◆1 人工涙液
◆2 コンタクトレンズ用
◆3 ドライアイ用
◆4 充血用
◆5 目の疲れ・かすみ用
◆6 目のかゆみ・異物感用
◆7 抗菌用
◆8 こども用

・製薬会社一覧
・索 引
・著者紹介

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る