ドクターの“働き方改革”28メソッド
  • 有料閲覧

ドクターの“働き方改革”28メソッド

開業医のための最強のタイムマネジメント 筆頭著者 梅岡 比俊 (著) 梅華会理事長 医学通信社 電子版ISBN 電子版発売日 2019年3月25日 ページ数 141 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-87058-706-9 印刷版発行年月 2018年11月

書籍・雑誌概要

★「仕事,仕事で1年365日疲れ果てている…」
 「日々の仕事をこなすためだけに時間を使い果たし,自分のために使う時間,家族との時間はほとんど残っていない…」
 「医師には患者を救う使命があるが,自らが心身ともに疲弊していて,本当にいい医療ができるのか…」
──そんな葛藤をもつドクターは多いはず。本書の著者も同じでした。勤務医を経て開業,雑多な仕事に追われて疲弊したところから一念発起,自らの「働き方改革」をスタートさせました。

★勤務医はもちろん,開業医の場合は医療のほかに経営や庶務的業務も加わり,時間はいくらあっても足りないくらいです。著者にとって,その雑多な業務見直しの秘訣の一つが「バケツの中の小石」──バケツの中により多くの石を詰めるには,大きな石から詰めるのか,小さな石から詰めるのか,という話です。

★また,ワーク・ライフ・バランスから一歩踏み込み,ワークorライフの二者択一ではない「ワーク・ライフ・インテグレーション(統合)」──仕事とプライベートをともに正のスパイラルで充実させる方策を確立。家族との時間を優先しつつ,日々の診療とともに7つのクリニックを経営し,さらにトライアスロンや書籍執筆にも挑戦するという驚異のタイムマネジメント術を実践。

★本書にはそのほかにも,著者がこの10年の試行錯誤で培ってきた貴重な“経験知”としての「28のメソッド」が網羅されています。「働き方」と「時間の使い方」をいかにマネジメントして最適化するか──それを極めたところにある“奇跡”へのナビゲーション・ブック。「働き方」と「時間の使い方」をほんのちょっと見直すことから始めれば,可能性は無限に拡がるはずです。

第1章 働き方改革前夜──今の私に至るまで
第2章 働き方改革開始──時間管理への取組み
第3章 働き方改革継続中──さらなる取組み
第4章 ワーク・ライフのバランスに悩むドクターへの28の提案

目次

第1章 働き方改革前夜──今の私に至るまで

■打ち砕かれたプライドと時間への目覚め

第2章 働き方改革開始──時間管理への取組み

■自分のなかの意識を改革する,■スタッフを教育して仕事を任せる,■時間の大切さを示す,■医療現場に立たないスタッフを雇用する,■クラークを育成する,他

第3章 働き方改革継続中──さらなる取組み

■1年の目標と年間計画,■女性が働きやすい職場,■情動コントロール,■速読法の習得,■ワーク・ライフ・インテグレーション,■素晴らしい仲間との交流,他

第4章 ワーク・ライフのバランスに悩むドクターへの28の提案

■自ら考え行動する,■異業種から学ぶ,■目標を設定し公開する,■時間を可視化してタスクを洗い出す,■スケジュール・優先順位・やらないことを決める,■やり方のルールとルーティンをつくる,■1日の行動を記録して分析する,■NOと言う勇気をもつ,■生産性を向上させる,■スタッフの可能性を信じて任せる,■決断をスピードアップする,■情報をフィルタリングする,■集中する時間をつくる,■資料を探す時間を短縮する,■無駄なミーティングを控える,■時間を節約するシステムを導入する,■通勤時間を活用する,■定期的に業務をブラッシュアップする,■フリータイム・心を休める時間をつくる,■マスター・マインド・グループを形成する 他

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る