日経DIクイズ 呼吸器疾患篇
  • 有料閲覧

日経DIクイズ 呼吸器疾患篇

筆頭著者 日経ドラッグインフォメーション (編集) その他の著者 笹島 勝 クイズ監修 日経BP 電子版ISBN 電子版発売日 2019年8月5日 ページ数 200 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-296-10298-3 印刷版発行年月 2019年7月

書籍・雑誌概要

月刊誌「日経ドラッグインフォメーション」の人気コラムから、インフルエンザ、感冒、結核、気管支喘息、COPDなど、主な呼吸器疾患のクイズを厳選 疾患の基礎知識を学びながら、薬剤関連の理解を深めるコンセプトの「日経DIクイズ 疾患篇」。
「呼吸器疾患の基礎知識と処方の実際」で、気管支喘息、COPD、肺炎、小児の呼吸器感染症など、代表的な呼吸器疾患の病態生理と治療指針の基本を学びます。そして「日経DIクイズ」で、これら呼吸器疾患の服薬指導や疑義照会のコツについて、クイズ形式で理解を深めていきます。
薬物療法を含めた診療ガイドラインの改訂、薬剤の適応追加、後発医薬品の情報など、現状に則して内容をアップデートしています。
現場で働く薬局薬剤師にとって、患者指導のための基礎学習から知識のレベルアップまでをスムーズに学べる一冊です。

●呼吸器疾患の基礎知識と処方の実際(インフルエンザ、小児呼吸器感染症、成人市中肺炎、結核、小児気管支喘息、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺癌薬物療法における支持療法)の8疾患を臨床医が解説
●呼吸器疾患に関するクイズ 厳選40題

目次

日経DIクイズの監修に当たって
執筆者一覧

呼吸器疾患の基礎知識と処方の実際
インフルエンザ
河合 直樹 (河合内科医院[岐阜市]院長・日本臨床内科医会インフルエンザ研究班長)
小児呼吸器感染症
尾内 一信 (川崎医科大学小児科学講座主任教授)
成人市中肺炎 北 和也 (やわらぎクリニック[奈良県三郷町]院長)
結核 倉原 優 (国立病院機構近畿中央呼吸器センター)
小児気管支喘息
村田 紗貴子、杉本 圭、永田 智 (東京女子医科大学病院小児科)
気管支喘息 東田 有智 (近畿大学病院病院長)
慢性閉塞性肺疾患(COPD)
一ノ瀬 正和 (東北大学医学部呼吸器内科学分野教授)
肺癌薬物療法における支持療法
西野 和美 (大阪国際がんセンター呼吸器内科)

日経DIクイズ
Q-01 タミフルドライシロップの乳児用量
Q-02 インフルエンザワクチンの接種回数と年齢
Q-03 タミフルが10代の患者に処方されたら
Q-04 授乳婦と乳児のタミフル同時服用
Q-05 RSウイルス感染症にオノンを処方する理由
Q-06 マイコプラズマ肺炎に出された抗菌薬
Q-07 “お薬団子”の作り方の注意点
Q-08 激しい咳の小児に出されたマクロライド
Q-09 クループ症候群の乳児に出されたステロイド
Q-10 幼児の抗菌薬が変更された理由
Q-11 カロナールとPL配合顆粒の併用は不可?
Q-12 PL配合顆粒は1日3回か4回か
Q-13 PL配合顆粒の眠気の強さ
Q-14 服薬中の運転が禁止されている薬剤
Q-15 肺炎に抗菌薬3剤を併用する理由
Q-16 嚥下機能に影響を与える向精神薬
Q-17 誤嚥性肺炎に処方されたアベロックス
Q-18 レボフロキサシンによる結核治療
Q-19 抗結核薬の投与量が夫婦で異なる理由
Q-20 長引く咳に処方されたトスフロキサシン
Q-21 肺MAC症で服用する薬剤が多い理由
Q-22 抗結核薬との相互作用が問題となる薬
Q-23 アンブロキソールを夕食後に服用する理由
Q-24 パルミコート吸入液に適したネブライザー
Q-25 吸入薬のスペーサー使用時の注意点
Q-26 ツロブテロールテープが中止された気管支喘息の小児
Q-27 ホクナリンテープが後発品に切り替わった患児
Q-28 開封後のレルベアはいつまで使っていいか
Q-29 喘息治療薬でドーピング違反になるか
Q-30 エアゾール製剤の残量の確認方法
Q-31 フルティフォーム吸入後に運転しても大丈夫か
Q-32 シムビコートが頓用で追加された喘息患者
Q-33 フルタイドがオルベスコに変更された理由
Q-34 気管支喘息患者に禁忌のβ遮断薬
Q-35 COPDを合併した気管支喘息
Q-36 吸えたかどうかがひと目で分かる吸入薬
Q-37 エクリラを処方されたCOPD患者
Q-38 肺炎球菌ワクチンの追加接種を勧められた患者
Q-39 抗線維化薬服用時の注意点とは
Q-40 睡眠時無呼吸症候群に出された睡眠薬
索引(疾患名、薬剤名)

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る