外科感染症診療マニュアル
  • 有料閲覧

外科感染症診療マニュアル

筆頭著者 伊東 直哉 (編著) 静岡県立静岡がんセンター 感染症内科 副医長 日本医事新報社 電子版ISBN 978-4-7849-6815-2 電子版発売日 2018年12月24日 ページ数 254 判型 B6 印刷版ISBN 978-4-7849-5639-5 印刷版発行年月 2018年11月

書籍・雑誌概要

感染症内科へのコンサルテーションの中で頻度が高いのは、外科医からの紹介だと言います。
本書では「外科医が日頃より何を疑問に思い、何を知りたいか」をヒアリングし、外科感染症のスタンダードな考え方をまとめました。
実践的でユーザーフレンドリーな外科医のための感染症マニュアルが登場です!

目次

第1章 総論
 1. 外科患者の感染症診療ロジック
 2. 術後患者の発熱の診断アプローチ
 3. SSIと予防戦略
 4. 周術期抗菌薬の使い方
第2章 術後患者でよくみられる発熱の原因(感染症)
 1. 中心静脈カテーテル関連血流感染症
 2. 末梢静脈カテーテル関連血流感染症
 3. 院内肺炎/誤嚥性肺炎/人工呼吸器関連肺炎
 4. 尿路感染症(含むCAUTI)
 5. クロストリジウム・ディフィシル感染症
第3章 術後患者でよくみられる発熱の原因(非感染症)
 1. 結晶性関節炎(痛風/偽痛風)
 2. 薬剤熱
第4章 手術別の感染症
 1. 一般外科
  ①胃手術における感染症
  ②結腸・直腸手術における感染症
  ③肝胆膵脾手術における感染症
 2. 乳腺外科
 3. 呼吸器外科
 4. 婦人科手術
 5. 心臓血管外科
  ①胸骨創感染と縦隔炎
  ②人工血管グラフト感染
 6. 脳神経外科
 7. 泌尿器科
 8. 整形外科
第5章 外科手術が必要となる疾患と抗菌薬治療
 1. 急性虫垂炎
 2. 消化管穿孔
 3. 胆囊炎
 4. 壊死性軟部組織感染症
第6章 外科患者のワクチン
 1. 脾臓摘出術後
 2. インフルエンザワクチン
第7章 抗菌薬の投与方法
索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る