臨床疫学 第3版
  • 有料閲覧

臨床疫学 第3版

EBM実践のための必須知識 筆頭著者 福井 次矢 (訳) MEDSI 電子版ISBN 978-4-8157-0109-3 電子版発売日 2019年4月1日 ページ数 296 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-89592-853-3 印刷版発行年月 2016年5月

書籍・雑誌概要

数式いらず!? 統計理論を基礎からわかりやすく丁寧に解説

世界的に高い評価を得ている臨床疫学の入門テキスト、10年ぶりの改訂。数式を極力用いず具体的な事例にもとづいて解説し、臨床疫学の基本原理や統計を用いた方法論を体系的に学ぶことができる。取り上げる事例を中心にアップデートが図られ、オールカラー化により見やすく読みやすくなった。各章の終わりには理解が深まる復習問題付き。医学生、研修医、臨床医、看護師、公衆衛生関係者等幅広く有用。

目次

第1章 序論
第2章 頻度
第3章 異常
第4章 リスク:基本原理
第5章 リスク:疾病への曝露
第6章 リスク:疾病から曝露へ
第7章 予後
第8章 診断
第9章 治療
第10章 予防
第11章 偶然性
第12章 原因
第13章 エビデンスの要約
第14章 知識管理

復習問題の解答
推奨文献
索 引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る